BLOG

心新たに一日を始めたい時に。茨木のり子さんの詩集『倚りかからず』

 

朝読書におすすめの本をご紹介する『まっこリ~ナのCafe BonBon』。小説やエッセイ、暮らしや料理の本など心に効く本をセレクトしています。

今日の「まっこリ~ナのカフェボンボン」の本棚は、『倚りかからず』

新しい朝のはじまりにぴったりの一冊を。気持ちがきりりとする、詩人・茨木のり子さんの詩集です。「倚りかからず」をはじめ、名詩の数々をどうぞ。


倚りかからず
著者:茨木のり子
出版社:筑摩書房

朝の詩は、目覚めの深呼吸のようなもの。新しい気持ちで一日をはじめたい時、茨木のり子さんの詩を読むと心が晴れやかになります。

わたしのなかにわずかに残る/澄んだものが/はげしく反応して さざなみ立つ/今も/目をつむれば/まなかいを飛ぶ/アネハヅルの無垢ないのちの/無数のきらめき」

「鶴」という詩の一節です。ヒマラヤを越えて鶴たちが大空を渡っていく。この光景を目に浮かべれば、もっともっと大きく深呼吸したくなる。

この詩集の「朝時間」は、「草」という詩より。

「草の戸 草屋根 草枕/摘草 草餅 草団子」

草がいっぱい、楽しげに並んでいます。茨木さんは草の字のつくものが好きで、こんな詩を書きました。今この季節に、草の匂いを感じながら読んでいます。

ラブ&ピースな一日を。
Love, まっこリ〜ナ

「まっこリ~ナのカフェボンボン」を読んでくださってありがとうございます。「カフェボンボン」が心ときめく本との出会いの場となりますように。

*朝読書のすすめ『まっこリ~ナのCafe BonBon』連載一覧はこちらです。
https://asajikan.jp/topics/cafebonbon/

朝読書のすすめ『まっこリ~ナのCafe BonBon』はこちら>>

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

朝読書のすすめ『まっこリ~ナのCafe BonBon』

公式ブログ
小説から絵本まで、編集者が選ぶ”朝読書”におすすめの1冊
Written by

まっこリ〜ナ

編集者・ライター

出版社勤務を経てフリーランスに。図鑑や写真集、子どもの本や雑誌などの編集に携わる。本がくれる愛のチカラを糧に生きる日々。いちばん好きな本の主人公は長くつ下のピッピ。
趣味は草花園芸、編み物、ランニング、スポーツ観戦。

連載記事一覧

今日の朝の人気ランキング