レンチン1回で完成!忙しい朝に簡単「カニカマ卵おじや」

 

おはようございます!料理家・国際中医薬膳師の齋藤菜々子です。

今日は、寝起き直後でも食べられそうな、お腹に優しい「カニカマ卵おじや」をご紹介します。おじやといえば、コトコトお鍋で煮るイメージかと思いますが、今回ご紹介するのは、レンジ1回で完成する簡単レシピ!

耐熱の器で作れば、洗い物もぐっと少なく済みます。忙しい朝も楽々ですよ♪

今週のセルフケア食材「卵」

卵

卵は体を潤し、血液を作る食材。体を内側から潤すことは、免疫力の向上にもつながりますよ。

体が乾燥していると、いつも外気を直接取り込んでいる肺が特に弱りがちになります。外からの保湿も大切ですが、内側から体を潤すこともとても大切。アンチエイジングにもつながります◎

レンチン1回で完成!忙しい朝に簡単「カニカマ卵おじや」

レンチン1回で完成!忙しい朝に簡単「カニカマたまごのおじや」

材料(1人分)

  • ごはん 1杯分(100g)
  • カニ風味かまぼこ 35g
  • 卵 1個
  • だし汁 150ml(顆粒だし+お湯でもOK)
  • しょうゆ 小さじ1/4
  • 塩 ひとつまみ
  • ごま油 小さじ1/2
  • 細ねぎ(小口切り)、焼きのり 各適量

作り方

1. レンジ対応の耐熱容器に、だし汁、しょうゆ、塩、ごはんを入れてさっと混ぜる。その上にカニ風味かまぼこを散らし、溶き卵を回し入れ、ごま油をかける

レンチン1回で完成!忙しい朝に簡単「カニカマたまごのおじや」

2. ふんわりとラップをし、600Wのレンジで3分加熱し、そのまま1分蒸らす。器に盛り、細ねぎとちぎった焼きのりをのせる

◎Instagramにて薬膳や料理教室について発信中です。

齋藤菜々子 Instagram:@nanako.yakuzen

☆この連載は【毎週月曜日】に更新します。次回もお楽しみに!

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

働く女子の簡単セルフケア朝ごはん

薬膳に詳しい料理家さんに教わる、忙しい朝でもできる「セルフケア」朝ごはんレシピ♪
Written by

料理家 齋藤菜々子

料理家・国際中医薬膳師

IT企業で営業を経験後、料理家のアシスタントを務め独立。アシスタントの傍ら、日本中医学院にて中医学を学び国際中医薬膳師を取得。
「今日からできるおうち薬膳」をモットーに、身近な食材のみを使ったつくりやすいレシピにこだわり、家庭で毎日実践できる薬膳を提案している。東京・自由が丘にて料理教室を主宰。

Instagram:@nanako.yakuzen

連載記事一覧

朝ごはんの人気ランキング