目玉焼きはレンジで時短!おうちで簡単「エッグマフィン」

 

おはようございます!料理家・国際中医薬膳師の齋藤菜々子です。

今日は、4月から一人暮らしを始める自炊ビギナーさんにもおすすめ!目玉焼きをなんとレンジで作る、時短・簡単「エッグマフィン」のレシピをご紹介します。忙しい朝もぱくっと食べやすく、朝に不足しがちなタンパク質がしっかり摂れます。ラップやペーパーで包めばお弁当やピクニックにも◎春におすすめの一品です。

今週のセルフケア食材「卵」

卵

卵は「体を丈夫にし、血を作る」食材です。春先は、貧血やめまいが増える時期。植物が芽生え、動物も冬眠から目覚めるように、人も春は活動が活発になりはじめます。そのときにカラダは「血液」を栄養として使うので、春先は血液が不足し、貧血やめまいが増えやすいのです。

血を作る食材なら、卵に加え、牛肉、レバー、ほうれん草もおすすめです。血をしっかり蓄えておくと、肌や髪質の改善、生理痛の軽減、思考力の向上にもつながりますので、特に女性は意識して、血を作る食材を摂るようにしましょう!

目玉焼きはレンジで時短!おうちで簡単「エッグマフィン」

目玉焼きはレンジで時短!おうちで簡単「エッグマフィン」

材料(1個分)

  • 市販のイングリッシュマフィン 1個
  • 卵 1個
  • スライスチーズ(あればチェダーチーズがおすすめ) 1枚
  • ハーフベーコン 2枚

作り方

1) なるべく直径の大きなマグカップ(底の直径が6~7cmあるもの)に、卵と、卵がかぶるくらいの水(大さじ2~3程度)を入れる。

2) 黄身につまようじで5~6か所穴をあけ、500Wのレンジで1分加熱、様子をみてさらに20秒加熱する。粗熱を取って目玉焼きを取り出し、お湯を切る。

3) ベーコンをフライパンで焼く。イングリッシュマフィンは半分に割って(切って)チーズをのせ、チーズがとけるまでトースターで焼く。ベーコン、目玉焼きをのせて挟む。

ポイント

  • 卵はレンジにかけると破裂しやすいので、黄身に穴をあけ、水を足して加熱してください
  • ベーコンの代わりに、ハム、ツナ、ランチョンミートなどでもおいしく作れます。ハムやツナなら焼かずに使えるので、時短につながります。お好みでアレンジしてみてください

◎Instagramにて薬膳や料理教室について発信中です。

齋藤菜々子 Instagram:@nanako.yakuzen

☆この連載は【毎週月曜日】に更新します。次回もお楽しみに!

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

働く女子の簡単セルフケア朝ごはん

薬膳に詳しい料理家さんに教わる、忙しい朝でもできる「セルフケア」朝ごはんレシピ♪
Written by

料理家 齋藤菜々子

料理家・国際中医薬膳師

IT企業で営業を経験後、料理家のアシスタントを務め独立。アシスタントの傍ら、日本中医学院にて中医学を学び国際中医薬膳師を取得。
「今日からできるおうち薬膳」をモットーに、身近な食材のみを使ったつくりやすいレシピにこだわり、家庭で毎日実践できる薬膳を提案している。東京・自由が丘にて料理教室を主宰。

Instagram:@nanako.yakuzen

連載記事一覧

朝ごはんの人気ランキング