腸を刺激してスッキリ!朝の「お通じ」をよくする簡単ストレッチ2種

 

内側、外側の両方から、体の美しさにアプローチするヒントを教えてくれるヨガインストラクター高木沙織さんによるビューティー連載♪朝からすっきりきれいになれる、簡単ストレッチを毎週届けていただきます。

おはようございます。ヨガインストラクターの高木沙織です。

朝、お通じがあった日とそうでない日とでは、お腹だけでなく気分も、スッキリ感がまるで違ってきますよね。だからこそできるだけ、一番リラックスできる、おうちで過ごす朝時間に済ませたいもの!

でも、いざトイレにこもってみても、さっぱり気配がない…そんな朝がありませんか?

今日は、そんなに試してみてほしい、便秘解消効果が期待できる簡単ストレッチをご紹介します。

腹部をねじる動きで、眠っていた腸を刺激して、排便を促してみましょう。

【1】伸び+ソフトなねじりで、体を目覚めさせる

まずは、就寝中に縮こまっていた体に、優しい「伸び」と軽い「ねじり」による刺激を与えていきます。

1) あぐらの姿勢で座り、右手を頭上に伸ばしたら、上体を左側にねじる。そのまま5回呼吸する

※左手の指先をお尻の後ろにおいて、ねじりをサポートしましょう

※吸う息でお腹を膨らませ、吐く息でへこませながら呼吸を繰り返しましょう

2) 反対側も同様におこなう(左手を頭上に伸ばしたら、上体を右側にねじり、呼吸を5回)

※胸だけを後方にねじるのではなく、腹部への刺激を意識してねじってみてください

【2】ねじりの強度を上げて、腸を刺激

体が徐々に目覚めてきたら、腹部のねじりをもう少し強くしていきます。

ただし、体に痛みや苦しさ、違和感があったら無理におこなわないでくださいね。

1) 右ひざを立てて座ったら、上体を右側にねじり、5回呼吸する

※右手の指先をお尻の後ろにおいて、ねじりをサポートしましょう

※左ひじで右ひざを押すようにして、ねじりの強さを調整しましょう

2) 反対側も同様におこなう(左ひざを立てて座ったら上体を左側にねじり、呼吸を5回)

※この2番めのストレッチも、呼吸による腹部のふくらみ・へこみと合わせておこなうことがポイントです

体を目覚めさせ、腸を刺激することで、お通じを良くするストレッチ。

ねじり+腹部の動きで内臓のマッサージをしているような感覚を持って、朝時間に取り入れてみてくださいね。

今日もみなさんの一日の始まりが健やかでありますように。

☆この連載は<毎週金曜日>に更新します。来週もどうぞお楽しみに…!

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

すっきりキレイ♪朝のビューティーストレッチ

人気ヨガインストラクターに教わる、キレイになる朝のストレッチ♪
Written by

ヨガ講師 高木沙織

ヨガインストラクター。

「美」と「健康」には密接な関係があることから、インナービューティー・アウタービューティーの両方からアプローチ。ヨガインストラクターとしては、骨盤ヨガや産前産後ヨガ、筋膜リリースヨガ、体幹トレーニングに特化したクラスなどボディメイクをサポートし、野菜や果物、雑穀に関する資格も複数所有。”スーパーフード”においては難関のスーパーフードエキスパートの資格を持つ。

ボディメイクや食に関する記事執筆・イベントをおこない、多角的なサポートを得意とする。2018~2019年にはヨガの2大イベントである『yoga fest』『YOGA JAPAN』でのクラスも担当。産前産後ヨガインストラクター資格、Core Power Yoga CPY®、筋膜リリースヨガインストラクター資格を保有。

連載記事一覧

ヘルス&ビューティーの人気ランキング