食べ過ぎで「重だるいお腹」をケア!体を左右に倒す朝ストレッチ

 

内側、外側の両方から、体の美しさにアプローチするヒントを教えてくれるヨガインストラクター高木沙織さんによるビューティー連載♪朝からすっきりきれいになれる、簡単ストレッチを毎週届けていただきます。

おはようございます。ヨガインストラクターの高木沙織です。

コロナウイルス感染拡大を防ぐべく、全国で外出自粛が要請されています。最近私のまわりでよく耳にするのが、食生活の乱れ、特に、「ずっと家にいるとつい食べ過ぎてしまう…」という声。食べ過ぎに運動不足が重なって、目覚めたときからお腹が重だるい…そんな朝は避けたいですよね。

今日は、そんな重だるいお腹をケアする朝ストレッチをご紹介します!

お腹が重だるいのはなぜ?

食べ過ぎたあとの内臓器は、食べ物を消化すべく動くため、大きな負担がかかります。消化の要である胃、そして解毒作用を持つ肝臓…。これらが疲れてしまうと、その周辺の筋肉までもが収縮して、もともとの働きをより妨げてしまう恐れがあるのです。これが、お腹が重だるく感じる原因です。

胃は左側、肝臓は右側に位置するので、重だるい時は、体の左右(体側)を交互にグーンと伸ばして、内臓器の疲れを癒す手助けをしてあげましょう。

お腹をケア!体を左右に倒す朝ストレッチ

(1) 両足を左に流して座り、頭の上でひじをつかむ

体を左右に倒す朝ストレッチ

(2) 息を吸って背筋を伸ばしたら、吐きながら上体を左に倒す。ゆったりとした呼吸を60~90秒間繰り返す

体を左右に倒す朝ストレッチ

※倒す角度は「気持ちよく伸びている感覚」を目安に

(3) 両足を右に流して座ったら、上体を右に倒してキープ

体を左右に倒す朝ストレッチ

*****

食べ過ぎた翌朝だけでなく、その日のうち(夜)におこなってもOKです。ただし、食後1~2時間は時間を空けてくださいね。

おうち時間が長くなると、お腹が空いていないのにもかかわらず食べてしまう…そしてそれを我慢するとストレスに、いや、食べてしまったあとも後悔からストレスになる…。そんな負のループになりがち。

慣れない生活リズムで、心地よく “食べる” ペースがつかめるようになるまで、ストレッチを取り入れながら、ストレスを溜めこまないように過ごしましょう!

今日もみなさんの一日の始まりが健やかでありますように。

☆この連載は<毎週金曜日>に更新します。来週もどうぞお楽しみに…!

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

すっきりキレイ♪朝のビューティーストレッチ

人気ヨガインストラクターに教わる、キレイになる朝のストレッチ♪
Written by

ヨガ講師 高木沙織

ヨガインストラクター。

「美」と「健康」には密接な関係があることから、インナービューティー・アウタービューティーの両方からアプローチ。ヨガインストラクターとしては、骨盤ヨガや産前産後ヨガ、筋膜リリースヨガ、体幹トレーニングに特化したクラスなどボディメイクをサポートし、野菜や果物、雑穀に関する資格も複数所有。”スーパーフード”においては難関のスーパーフードエキスパートの資格を持つ。

ボディメイクや食に関する記事執筆・イベントをおこない、多角的なサポートを得意とする。2018~2019年にはヨガの2大イベントである『yoga fest』『YOGA JAPAN』でのクラスも担当。産前産後ヨガインストラクター資格、Core Power Yoga CPY®、筋膜リリースヨガインストラクター資格を保有。

連載記事一覧

ヘルス&ビューティーの人気ランキング