BLOG

自分の本当の居場所をさがす、女性たちのストーリー『スナック墓場』

 

朝読書におすすめの本をご紹介する『まっこリ~ナのCafe BonBon』。小説やエッセイ、暮らしや料理の本など心に効く本をセレクトしています。

今日の「まっこリ~ナのカフェボンボン」の本棚は、『スナック墓場』

注目の作家・嶋津輝のデビュー短篇集。商店街やスナック、倉庫などを舞台にした物語7篇。人と人とのつながりが心に残る一冊です。


スナック墓場
著者:嶋津輝
出版社:文藝春秋

亜耶と霧子は今日も倉庫内のラインに並んで黙々と作業をする。シャンプーの試供品を詰める日もあれば、ボディーソープと石鹸を箱詰めする日もある。日雇いのアルバイトとして働く女性同士の心を機微を描く「ラインのふたり」。

初めて出会った日から、タイプの違うふたりはなんとなく馬が合う。お弁当を持参する霧子は、デザートを二人前、亜耶の分も用意していく。通勤の行き帰り、亜耶は霧子を自分の車に乗せてくれるけれど、家の前までは行き来しないのが暗黙のルール。たまに食事を一緒にしても、お互い深く立ち入りはしない。

表題作の「スナック墓場」では、かつてスナックで働いていた女性たちが、競馬場で同窓会をする。主人公の克子はスナックでの日々を想う。無愛想な克子はいつもコップ磨きに励んでばかりいた。そんな彼女がある日、「ああ、いま自分はこの店の一部である」と自覚する。自分の居場所はここだと感じたその日から、彼女は店になじんでいく——。

7つの物語のなかで描かれる女性たち、夫婦や姉妹の関係がとてもいいのです。やりとりはそっけないけれど、深いところでわかり合い、いたわり合っている。そんな人のつながりが心地いい。自分をつなぎとめるものがある場所を見つけた人たちのその後の物語も読んでみたい。そして、自分の本当の居場所を見つけたくなる一冊です。

*「ラインのふたり」は以前ご紹介した人気女性作家のアンソロジー『女ともだち』にも収録されています。

ラブ&ピースな一日を。
Love, まっこリ〜ナ

「まっこリ~ナのカフェボンボン」を読んでくださってありがとうございます。「カフェボンボン」が心ときめく本との出会いの場となりますように。

*朝読書のすすめ『まっこリ~ナのCafe BonBon』連載一覧はこちらです。
https://asajikan.jp/topics/cafebonbon/

朝読書のすすめ『まっこリ~ナのCafe BonBon』はこちら>>

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

朝読書のすすめ『まっこリ~ナのCafe BonBon』

公式ブログ
小説から絵本まで、編集者が選ぶ”朝読書”におすすめの1冊
Written by

まっこリ〜ナ

編集者・ライター

出版社勤務を経てフリーランスに。図鑑や写真集、子どもの本や雑誌などの編集に携わる。本がくれる愛のチカラを糧に生きる日々。いちばん好きな本の主人公は長くつ下のピッピ。
趣味は草花園芸、編み物、ランニング、スポーツ観戦。

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

今日の朝の人気ランキング