使うのは1アイテムだけ!「両眉2分以内」で描ける美眉レッスン♪

 

おはようございます。コスメコンシェルジュの稲毛登志子です。

ほんの少しの時間が惜しい朝。メイクもできるだけ手早く済ませたいですよね。

そこで今回は、時短を意識した眉メイクのコツをお届けします。

時短眉メイクを成功させるコツ

みなさんお使いのアイブロウアイテムはいくつありますか?

ペンシル、リキッド、パウダー、ワックス、マスカラ、そこにカラバリまで揃えるとかなりの数ですよね。

私は時間がある時や丁寧にメイクしたい日は、これらの中からいくつかピックアップして眉を描いています。ですが、短時間でメイクを終えたい日は1アイテムのみで完結させています。

そう、時短眉メイクの鍵は、「アイテム数を絞ること」なのです。

手抜きに見えない!時短眉メイク術

今回の時短眉メイクに使うアイテムはこちら!

アイブロウコスメ

ヴィセ リシェ アイブロウパウダーです。

BR-2は、万能なブラウンカラー。

ふわっとした色付きですが、眉毛の生えてない地肌にもしっかり色が乗るので、薄眉さん・しっかり眉さんの両方に対応できます。

アイブロウブラシ

付属のブラシも大きさやコシがちょうど良く、眉頭から眉尻までこのブラシ1本でOK。それでは実際に、メイクをしていきましょう!

【1】整える

アイブロウメイク

時間が無い時でも、眉を描く前にはスクリューブラシで毛流れを整えましょう

ブラッシングは毛流れを整えるだけではなく、ほこりや余分なパウダーが取れて眉が描きやすくなります。ササッと梳くだけ、両眉5秒ほどなので、忘れないでくださいね。

【2】描き始めの位置は?

アイブロウメイク

アイブロウパウダーは、最初に塗った部分の色が濃く発色します。パウダーBをブラシ小に軽く含ませて、眉の中央から眉尻の手前まで塗ります。

この時、ブラシの向きを横方向(広い面)にすると、眉の太さにフィットして塗りやすいですよ。

私は薄眉なので毛流れとは逆方向からもブラシで塗っています。こうすると、まばらなところにもパウダーの色がきれいにつくからおすすめです。

【3】眉頭はふんわりと

アイブロウメイク

眉頭は先ほど眉を描いた時のブラシに残ったパウダーを使います。

今回は眉マスカラを使わないから、眉頭の毛を立ち上げるように意識して、下から上にブラシを動かしましょう。

【4】眉尻はきっちり締める

アイブロウメイク

時短でも美眉に見える最大のポイントはここ、眉尻。

眉尻がきれいに描けていればメイクの完成度はぐんと高まります。

パウダーAをブラシ小に含ませて、眉尻を一気に描きます。

この時のブラシの向きは縦方向(狭い面)

ブラシは太いラインが横、細いラインは縦方向を使うと描きやすいですよ。

【5】仕上げはふんわりと

眉頭から眉尻まで描けたら、最後にスクリューブラシでぼかします。

最後にブラシ大でパウダーCを取り、眉頭にふわふわっと乗せたら完成!

***

いかがでしたか?

アイブロウパウダーのみで眉を描けば、時短を叶えつつ今っぽいやわらかな眉も手に入れられます。

慣れると片眉1分ほどで仕上げることも可能なのでぜひお試しを♪

☆この連載は<毎週日曜日>に更新します。来週もどうぞお楽しみに!

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

いつでも、いつまでも輝き続ける♪朝のメイクTIPS

コスメコンシェルジュによる朝のメイクTIPS!
Written by

稲毛登志子(コスメコンシェルジュ)

2015年に日本化粧品検定1級を取得後、コスメコンシェルジュとして複数のwebメディアで美容に関する記事を執筆中。「女性はいつでも、いつまでも輝き続けられる」をモットーに情報を発信しています。「メイクって楽しい!」「コレ試してみようかな?」そう思っていただけるような情報を週に一度お届けします。
Instagram:@my_sweet_days_

連載記事一覧

ヘルス&ビューティーの人気ランキング