目尻を変えるだけで簡単!シーン別「アイライン」の描き方3パターン

 

おはようございます。コスメコンシェルジュの稲毛登志子です。

その人の持っている雰囲気や印象を大きく変える「アイライン」。毎日同じ引き方をしているだけでは、もったいない!そのくらい、影響力のあるパーツです。

目のキワに引くアイラインは難しいイメージがありますが、最初にコツさえつかめば、誰でもいろんなラインを描けるようになります。

今回のメイクTIPSでは、目尻だけ変えればOKだから簡単!「シーン別」アイラインテクニックをご紹介します。

まずは「基本のアイライン」をマスター

アイライン

今回ご紹介する3パターンのアイラインは、より簡単に描けるよう、目尻の部分のみ描き方を変えています。

基本のアイラインは、目頭から黒目の真ん中までは何も描かず、黒目の真ん中から目尻まで、ペンシルを使ってまつ毛の根元を埋めるようにして描きましょう。

【1】休日向け!「ナチュラルライン」

アイライン

1) 基本のアイラインを描く

2) 基本のアイラインで使ったペンシルライナーをそのまま使い、目の形に沿って流すように細く長く目尻を描く

細く描くことで、抜け感も出るラインです。アイラインが主張し過ぎないからリラックスしたい休日にぴったり。

【2】キュートに仕上がる♪「キャットライン」

アイライン

1) 基本のアイラインを描く

2) 基本のアイラインを描き終えたらリキッドライナーに変更して、黒目の端(目尻側)からやや太めなラインを描く

3) 目尻は少しずつ描き足しながら跳ね上げる

跳ね上げ部分は繊細に描く必要があるので、途中からリキッドに変更しました。ベース・太めライン・目尻の跳ね上げと、3つに分けて描くときれいなラインが引けます。

キュートな猫の目みたいなアイメイクはショッピングや遊びに行く時に最適です。

【3】モードな顔立ちになる「仕事用のライン」

アイライン

1) 基本のアイラインを描く

2) 基本のアイラインで使ったペンシルライナーをそのまま使い、黒目の端(目尻側)から太いラインを描く

3) 目尻は太さを保ちつつ自然に流す

こちらのラインは細く描く部分がないので、3パターンの中でいちばん簡単に描けます。

太めラインはキリッとした印象を与えられるからお仕事用のアイメイクに良さそう。

ということで、今回描いた3パターンを見比べてみましょう。

アイライン比較

目尻のアイラインを変えただけなのに、雰囲気が違って見えますよね♪

***

アイラインは最初うまく描けなくても、描けば描くほど上達していきます。

毎日練習して、いろんなパターンのアイメイクを楽しんでくださいね!

☆この連載は<毎週日曜日>に更新します。来週もどうぞお楽しみに!

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

いつでも、いつまでも輝き続ける♪朝のメイクTIPS

コスメコンシェルジュによる朝のメイクTIPS!
Written by

稲毛登志子(コスメコンシェルジュ)

2015年に日本化粧品検定1級を取得後、コスメコンシェルジュとして複数のwebメディアで美容に関する記事を執筆中。「女性はいつでも、いつまでも輝き続けられる」をモットーに情報を発信しています。「メイクって楽しい!」「コレ試してみようかな?」そう思っていただけるような情報を週に一度お届けします。
Instagram:@my_sweet_days_

連載記事一覧

ヘルス&ビューティーの人気ランキング