人生のモヤモヤを解消!朝ノート習慣で叶える「マイストーリー」の育て方

 

「朝活手帳」の著者 池田千恵さんの新連載がスタート。朝時間を活用して人生を変えた池田さんに語っていただく、朝時間×ノートの使い方、考え方。年齢やキャリアに関係なく、夢を叶えるためのヒントが詰まっています。ノートを1冊用意して、一緒に朝ノート習慣をはじめませんか?

第1回:朝イチのノート習慣で夢は叶う(前編)

おはようございます、朝イチ業務改善コンサルタントの池田千恵です。

今月より「朝ノートで作る!マイストーリーの育て方」をテーマに月に一度の連載をはじめます。どうぞよろしくお願いいたします。

このままでいいのかな…のモヤモヤは、ノートが解消してくれる

池田千恵さん推薦_朝ノート女性

今回ご紹介する「マイストーリーを育てる」とは、自分の過去(自分が紡いできた物語)を振り返って棚卸しすることにより、小さいころの夢やワクワク、興味の向かう先を思いだし、未来の夢につながる「道しるべ」を見つけることをいいます。

現状に大きな不満があるわけではないけれど、何となくこのままでいいのかな…?とモヤモヤする時ってありますよね。

モヤモヤを解決したいとネット検索をしたり、本や雑誌を読んでみたりしても、見つかるのは自分より一歩も二歩も先をいく、キラキラしている人の事例ばかり…。

すごい人のすごい話を聞いたり読んだりすると、やる気がでる一方で、まだまだ今の自分じゃダメだ!とますます勉強したくなりますよね。かくいう私も、過去に飲食に関わる民間資格を7個も取っちゃいました。(今はすっかり覚えた知識はキレイサッパリ消えましたが…)

その経験から、不安感からの勉強に「ちょっと待って!」と言いたいんです。

私けっこう頑張ってる!を、ノートで見つけよう

池田千恵さん_朝ノート習慣で夢を叶える

「自分には何かが足りない。だからがんばらなきゃ」と上を目指せば目指すほど、上には上がいると思って途方にくれてしまいませんか?「自分はまだまだだ」と、いつまでがんばれば「これで十分だ」と思えるようになるのか…想像するだけで息切れしてしまいそうです。

そこで、今回連載でご紹介する「朝ノート」では、もっともっと!と頑張ってインプットしてきたあなたを形作ってきた歴史を振り返り、未来につなげる方法をご紹介していきます。

実は「自分はまだまだだ」「中途半端だ」と思っていたとしても、振り返ってみると「私けっこう頑張ってきたよね」「寄り道があったから今の人生があるんだよね」と思えるようになりますよ。

明日は、なぜ「朝ノート」で夢が叶うのかについてお伝えします。どうぞお楽しみに。

☆本連載は毎月1日・2日の公開です。

後編:「夢を叶えるための「朝ノート習慣」のメリットと始め方」

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

朝ノートで作る!マイストーリーの育て方

Written by

池田千恵

株式会社朝6時 代表取締役。朝イチ業務改善コンサルタント。慶応義塾大学卒業。外食企業、外資系企業を経て現職。企業の朝イチ仕事改善、生産性向上の仕組みを構築しているほか、個人に向けては朝活でキャリア迷子から抜け出すためのコミュニティ「朝キャリ」(https://ikedachie.com/course/salon/を主宰。10年連続プロデュースの「朝活手帳」など著書多数。

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

朝美人スタイルの人気ランキング