作り置きしておくと便利!朝ごはんやおやつに使える「さつまいもジャム」

 

おはようございます!

今日は旬のさつまいもを使った「さつまいもジャム」をご紹介します!

材料は、さつまいもと砂糖とバター、レモンに塩とシンプルで作り方も簡単です。

ジャムを作っておくと食パンに塗ったり、アイスに添えたり、いろいろ使えるのでとっても便利!

たっぷりと作って冷凍パイシートに挟んで焼いたり、カステラと一緒にミニパフェを作ったり、クリームチーズとあわせておつまみにしても美味しいですよ(^-^)

朝ごはんやおやつにぴったり!「さつまいもジャム」

さつまいもジャム(作りやすい分量)

  • さつまいも    1本(330g)※シルクスイートを使いました!
  • 砂糖    90~100g
  • バター     20g (※無塩を使ってください!有塩なら下記の塩はいりません)
  • 塩       ひとつまみ
  • レモン汁       小さじ2

作り方

1) さつまいもは2センチ幅に切ってから厚めに皮をむく。(この時点で皮をむいて正味は260gになりました)水に10分ほどつけてアクを抜く。

2) さつまいもを水からあげて、鍋に水350ml・砂糖と入れて、さつまいもがやわらかくなるまで弱火で煮る。

※砂糖は少なめにしておいて、最後に甘味を調整するといいですよ!

3) 火を止めて、フォークやマッシャーなどでしっかりと潰す。(この時、水分が多いようなら弱火にかけて水気をとばしましょう)

4) バター・塩とレモン汁を加えて完成!

煮沸消毒した瓶で1週間ほどが保存の目安です。冷凍保存もオススメです。

※色よく仕上げたいときは、くちなしの実をいれると黄色くなりますが入れすぎには注意です。

いかがでしょうか?

わたしはこのレシピに白ワイン大さじ2を足してフルーティーに仕上がるのも好きです。(今回は朝ごはんなので、お子さまも食べられるように白ワイン抜きにしました)

秋の夜長にコトコトジャム仕事も楽しいですよ!ぜひ、お試しください♪

☆この連載は<火曜日>に更新します。次回もどうぞお楽しみに…!

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

朝食女子のための基本レッスン

朝ごはんメニューを美味しく作る”基本”
Written by

料理家 村山瑛子

(料理家・フードコーディネーター)
新潟県出身。女子栄養大学食文化栄養学科卒業後料理家のアシスタントに就め独立。「料理って簡単!食卓って楽しい!」をモットーに雑誌などのレシピ提供やスタイリング・番組制作などに携わり活躍中。代官山にあるLatelier de SHIORIのビギナーレッスンを担当する。著書に「手抜きでサクッと♡イイ女ごはん」がある。【ホームページ】http://www.murayamaeiko.com  【instagram】 https://www.instagram.com/murayamaeiko/

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

今日の朝の人気ランキング