フライパンなら時短でさっくり!絶品「バタートースト」の焼き方

おはようございます!ヤミーです。先週は、固くなったパンも絶品になるトーストの焼き方でした。

100均の○○を使えば固くなったパンが絶品に!「フライパン焼きトースト」https://asajikan.jp/article/117606

思いがけない反響にびっくりしたんですが、私的にはここ数回続けている<固くなったパンを美味しく食べる方法>シリーズのひとつでした。

今週は先週のトーストの応用、フライパンでバタートーストの焼き方です。

IMG_2743-1024x1024

バターがしみたトーストって美味しいですよね。でも、冷蔵庫から出したてのバターはうまくパンに塗れませんよね。急いでいる朝は、出してすぐ使いたいのに、冬場はいつまでたっても固いまま。

バターをパンにのせてからトースターで焼いてみたり、レンジでちょっと柔らかくしてみたり、、、とやってましたが、なんだかイマイチだなーと思っていました。

で、思いついたのが「フライパン焼き」です。

さっくり、ふんわり!「フライパン焼き」の良い点は?

IMG_2739-1024x1024

作り方は、フライパンでバターを溶かしてパンを両面焼くだけ。バタートーストのバターはしっかりパンにしみてほしいので、溶かしたバターでパンを焼けばいいわけです。

では、焼いたパンにレンジで溶かしたバターを塗っても同じかというと、これが全然違う!

何が違うかというと、「パン表面のさっくり感と中のふんわり感」。これが断然違うんです。

そして焼き時間はトータル3分ほど。油を使うから速いというわけです。

ちなみに、バタートーストの場合、固くなっていないパンならば霧吹きは必要ありません。(ぱさぱさしている場合は、先週の記事を参考にパンの表面に霧吹きしてください)

では、詳しく説明します。

バタートーストを「フライパン焼き」で作る方法

まずは、フライパンにサラダ油を薄くひきます。

IMG_2742

その後バターを入れて中火にかけ、半分くらい溶かします。

IMG_2741

ここにパンを入れて、1分半ほど焼くと良い焼き色が!

IMG_2740

ひっくり返して反対側はさっと焼きましょう。

バターリッチな方がいい場合は、ひっくり返すときにまたバターを溶かしてから焼くと良いです。

外側サクッと、中ふんわりに出来上がり!

IMG_2739

ということで、バタートーストもぜひフライパンでお試しください♪

この記事を書いた人
Nice to meet you!

10分以内で完成!ヤミーさんのスピード朝ごはんメニュー

忙しい朝時間でも作れる!朝食メニューと時短テクニック
Written by

ヤミー(清水美紀)

輸入食材店に勤務していた知識を生かして世界中の料理を3ステップの簡単レシピにしてお届けする料理研究家。2006年1月にスタートした料理ブログは、2007年6月に『大変!! この料理簡単すぎかも…ヤミーさんの3STEP COOKING』(主婦の友社)として出版され、ベストセラーとなる。それをきっかけに料理研究家の道に進み、現在は料理本の他、企業のレシピ開発、商品開発、雑誌、TV、WEBなどで活躍中。最新刊は『ヤミーさんの毎日使えるオーブントースターレシピ』(扶桑社)

大変!!この料理簡単すぎかも… ☆★ 3STEP COOKING ★☆
http://ameblo.jp/3stepcooking/

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

朝ごはんの人気ランキング