BLOG

好きすぎて苦しい。恋の痛みに貫かれる、西加奈子の本『白いしるし』

 

今日の「まっこリ~ナのカフェボンボン」の本棚は、『白いしるし』

人気作家・西加奈子のピュアな恋愛小説。誰かを好きになったときの胸の痛みも甘さも、ぜんぶ詰まった一冊です。


白いしるし
著者:西加奈子
出版社:新潮社

32歳、独身の夏目香織は、もう恋をしたくなかった。大きな恋を失ってずっと立ち直れなかったから。

なのに、彼女はあっという間に恋に落ちて、絵描きの男にのめり込んでいく。深く傷ついた自分を相手に見られたくなかったのに。「あかん」と思っても会いたい。触れたい。彼が隣に座るだけで、背骨が、きゅう、と甘えた音を立てる。別れた後の道で、体じゅうの力が抜けてしゃがみこんでしまうほどに、彼が好き。

男の仕草を見ては、甘い衝動に駆られる夏目。そこには駆け引きや算段なんて微塵もなくて、好きという気持ちがあるだけ。だけどそんな恋は苦しすぎて……。

「こういう人は、絶対に私みたいな人間を好きにならないだろう」と彼女は直感する。恋の予感と同時にそう感じてしまうのが、すごくせつないのです。

好きすぎて苦しい。恋のうずきと痛みを強烈に味わう小説。読み終わったら放心してしまうけど、また読みたくなる。恋の深みにはまります。

Love, まっこリ〜ナ

「まっこリ~ナのカフェボンボン」を読んでくださってありがとうございます。「カフェボンボン」が心ときめく本との出会いの場となりますように。

*朝読書のすすめ『まっこリ~ナのCafe BonBon』連載一覧はこちらです。
https://asajikan.jp/topics/cafebonbon/

朝読書のすすめ『まっこリ~ナのCafe BonBon』はこちら>>

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

朝読書のすすめ『まっこリ~ナのCafe BonBon』

公式ブログ
小説から絵本まで、編集者が選ぶ”朝読書”におすすめの1冊
Written by

まっこリ〜ナ

編集者・ライター

出版社勤務を経てフリーランスに。図鑑や写真集、子どもの本や雑誌などの編集に携わる。本がくれる愛のチカラを糧に生きる日々。いちばん好きな本の主人公は長くつ下のピッピ。
趣味は草花園芸、編み物、ランニング、スポーツ観戦。

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

今日の朝の人気ランキング