BLOG

早起きに強い意志は不要!仕組み作りで2018年こそ健康生活を手に入れるためのポイント

 

こんにちは。株式会社 朝6時 池田千恵です。

プロデュースしている『朝活手帳 2018』は11月はじまりです。1ヶ月使ってみて、もうすっかりなじんできました。

 

今回はスカイブルーのさわやかな手帳カバーを新調。お気に入りのものに囲まれて朝から手帳を開くのは至福のひとときです♪

 

さてさて。今回は、6年ぶりに朝活手帳を徹底的に活用したブートキャンプ的セミナーを開催するので、そのご案内をさせてください。

 

 

職業柄、早起きしたいのにできないという悩みを長年聞いていますが、その大部分は「思い込み」にとらわれているなーと感じています。

 

●早起きするには強烈な意思や強い決意が必要だ

●やろうと思ったことができない自分はダメだ。もっとがんばらなければ

↑↑↑↑それ、思い込みです!

歯を食いしばって悲壮感持ってやる早起きは、そりゃ続かないってば!

ただでさえ、夜型→朝型シフトの移行期は辛いのに、自分で自分に呪いをかけてどうするんですか!

 

それと、年末年始は目標を宣言したい気分になりますよね。でも、目標って宣言してもすぐ忘れちゃったり、手段と目的をはき違えて違う方向に頑張っちゃったりしますよね。

 

12月とか1月に「やるぞーーー!!!おーーーー!」って思っても、その後続かなかった…。2017年はじめに立てた目標、もはや覚えていない、という方も多いです。

 

(↑↑↑ちなみにこれ過去の私です)

 

まとめると、次の2つに気をつけることが大切です。

 

1. 楽しく、自動的にできるようシステム化しましょう
2. 何のために早起きをするかを常にぶらさないようにしましょう

 

昔夜型でダラダラグチグチしていた私が欲しかった要素を詰め込んだセミナーを企画しました。

■12月、1月の2回連続開催です。年をまたがるので効果測定ができて勢いが続きます
■何のために早起きするかの「そもそも」のところから考えていきます
■12月のセミナー開催後、Facebookの秘密グループで仲間とつながりながら、やらざるを得ない状況に持っていきます。私への質問も1ヶ月間Facebookグループでし放題です

 

こんなお悩みを持っている方にオススメするセミナーです。

=================
■自分を犠牲にしてまでめいっぱい頑張った結果、気づいたら本当に重要な自分自身の将来について考えられていないとお悩みの方
■とにかく残業を減らしたいのに忙しすぎて減らせない方
■2018年こそ早寝早起きで健康的な生活を取りもどしたい方
■仕事と育児のスムーズな両立を目指している方
■長期的なビジョンを策定し、実行できる状態まで持っていきたい方
=================

詳しくはリンク先に書きました!

 

セミナー会場は、Good Morning 朝美人でもおなじみ、外苑前アイランドスタジオさんです♪

 

こちらはアクセスもよく素敵な白壁のスタジオなので今から楽しみです。

 

<早起きできる仕組みを手に入れ、2018年こそ残業なしの健康的な未来時間を生み出す朝活手帳徹底活用セミナー>
http://ikedachie.com/asatecho2018seminar/

お陰様で興味がある方に先行ご案内したところ、お席の3分の1が1日で埋まりました。ありがとうございます♪ ピンと来た方は、どうぞお早めに。

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

いつも余裕があるママの朝時間の過ごし方

公式ブログ
朝活の第一人者 ママになった池田千恵さんの朝の過ごし方
Written by

池田千恵

株式会社朝6時 代表取締役。朝イチ業務改善コンサルタント。慶応義塾大学卒業。外食企業、外資系企業を経て現職。企業の朝イチ仕事改善、生産性向上の仕組みを構築しているほか、個人に向けては朝活でキャリア迷子から抜け出すためのコミュニティ「朝キャリ」(https://ikedachie.com/course/salon/を主宰。10年連続プロデュースの「朝活手帳」など著書多数。

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

朝美人スタイルの人気ランキング