BLOG

年末年始に済ませておきたい2016年の「締め」作業

 

IMG_1536

 

おはようございます。株式会社 朝6時 池田千恵です。

 

息子の授乳でめちゃくちゃ早く起きてしまい、目が冴えてしまったのでそのまま勢いで、朝4時よりも前に起きることにして今この記事を書いています。2016年を人より長く楽しんでいるようでちょっとトクした気分になりました。(が、おそらく今日お昼寝すると思いますけどね…)

 

さてさて。いよいよ2016年も最後の日となりましたね。「いい1年だったなぁ〜」としみじみ振り返ることができた方もいれば、「まだまだやれたはずなのにできなかった」と、ちょっぴり苦い後悔の気持ちでいる方もいることでしょう。

 

いずれにしても、年末年始を良い気分で迎えるために、気持ちをしっかりと切り替えることができると良いですね。

 

私は、計画通り行かなかったとしても、「できていない」ということがきちんと見えたんだと思って、あまり自分を責めすぎないようにしています。

 

できていないことがわかれば、できるようにするにはどうしたらいいか?できないままで他の人の助けを借りればいいか?など、具体的な方策が見えてくるからです。

 

ただし、そう思えるためには、「できなかった」事実もきちんと見据える必要があります。できなかったことを「しょうがないよ」と表面的にあきらめても、やはり「できなかった」事実はじわじわと自分を苦しめるからです。

 

「できなかった」事実をきちんと見据え、次に繋げるためにおすすめの習慣が、きちんと「締め」作業を行うことです。

 

飲食店でアルバイトなどをされた経験がある方は、「レジ締め」をしたことがあるかもしれません。(すでに自動化しているところも今は多いかと思いますが…)その日の売上げの合計と、レジに入れていた釣り銭の金額がきちんとあっているかを確認する作業です。

 

「レジ締め」と同じように、自分の1年の活動にも「締め」を行うと、今後やるべき方向も自ずと見えてきます。

 

…とお伝えすると、なんだか難しいことのように思えますが、作業自体は簡単です。

ステップは3つです。

1.2016年に達成できたことをリスト化する
2.2016年に達成できなかったことをリスト化する
3.達成できなかったことで、来年もやはり挑戦したいと思うことは「戦略的先送り」とラベルを変えて、「2017年に達成したいこと」に加える

 

ポイントは「戦略的先送り」とラベル(自分の認識)を変えてしまうこと。

 

「できなかった」と思うと落ち込みますが、「戦略的に先送りしたんだ!」と思うと、よーし、2017年こそ達成するぞ!とやる気がでますよ。

 

「戦略的先送り」については何度かブログや書籍でも書いてありますので、ご興味あれば読んでみてくださいね。ちなみにプロデュースしている『朝活手帳』では、この「締め作業」専用ページを設け、すぐに書けるようにしています。毎年手帳を振り返ると、「達成したいこと」がいくつか、ちゃんと現実になっていることがわかり、自分の進歩を喜ぶことができますよ。

 

==============
■ブログ
「やり残し」じゃなくて「戦略的先送り」です
http://ikedachie.com/blog/?p=1209
==============
■朝活手帳2017
https://www.amazon.co.jp/dp/4799318993/
==============
新刊の『朝の余白で人生を変える』でも詳しく手順について説明しています。
https://www.amazon.co.jp/dp/4799320009/
==============

 

年末年始のゆったりした時間の流れの中で、ぜひ「締め」を行い、自分の中の手綱を締め直してみてください。

 

私は昨日、朝活手帳を使って2016年の締めを終わらせ、活動に大きな「はなまる」をあげることができました!

 

※もちろん、全部に「はなまる」なわけではありません。が、この「締め」を終わらせると、できたこと、できないこと、すべてにおいて「まる」を上げたい気持ちになるのが不思議です。これも「できる」「できない」をきちんと明確化することによる効果なのだと思います。

 

あなたの2017年も、素晴らしい年となりますように。

 

良いお年をお迎えくださいませ。

 

******************************

<お知らせ>

日経ウーマンオンラインにて、働く女性へのおすすめ手帳10冊のうちの1冊に朝活手帳を選んでもらっていました…!

 

働く女性へのおすすめ手帳2017 編集部・読者が選んだ10冊
〜読者アンケートや読者取材、体験取材を基に10冊を厳選!〜
http://wol.nikkeibp.co.jp/atcl/column/15/111000108/121400012/?ref=top-rank

 

池田千恵公式ブログ iプラ・時間美人・Before 9主催、自分企画力で私をいっそう楽しもう!-ipla

嬉しすぎます。ありがとうございます!

 

★池田千恵公式ブログ
http://ikedachie.com/blog/

★池田千恵主宰 早朝グルメの会 今まで行ったお店レポートはこちら
http://ikedachie.com/blog/?cat=2

★池田千恵Twitterでは、日々「朝」に関する情報をつぶやき中です
https://twitter.com/ikedachie

★インスタグラムでは、おすすめ朝ご飯情報もアップしています
https://www.instagram.com/ikedachie/

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

いつも余裕があるママの朝時間の過ごし方

公式ブログ
朝活の第一人者 ママになった池田千恵さんの朝の過ごし方
Written by

池田千恵

株式会社朝6時 代表取締役。朝イチ業務改善コンサルタント。慶応義塾大学卒業。外食企業、外資系企業を経て現職。企業の朝イチ仕事改善、生産性向上の仕組みを構築しているほか、個人に向けては朝活でキャリア迷子から抜け出すためのコミュニティ「朝キャリ」(https://ikedachie.com/course/salon/を主宰。10年連続プロデュースの「朝活手帳」など著書多数。

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

朝美人スタイルの人気ランキング