意外と知らない!?朝の定番「バター」と「マーガリン」の違い

c7dcdff42fb91c5e71c9c0be9436596d_s

10月24日:今日は「マーガリンの日」

朝ごはんでトーストに塗るのはもちろん、お料理、お菓子づくりに使う「マーガリン」。

見た目や用途が似ているので「バターのことだよね?」と思っている方も多いかもしれません。

今日は「バター」と「マーガリン」の違いと、「マーガリン」をつかった朝ごはんのおすすめレシピをご紹介します♪

知ってる?「バター」と「マーガリン」の違いとは

「マーガリン」はもともと、高価なバターの代用品として開発されたもの。

牛乳が主成分のバターが「乳脂肪分」が80%以上含むのに対し、マーガリンは乳脂肪分ではなく「植物性(または動物性)の油脂」が80%以上含まれているものをさします。

植物であるとうもころしべに花などの油を使って作られたマーガリンをスーパーなどでもよく見かけますよね。

つまり乳製品ではないので、乳製品アレルギーの方にとっては安心して使える油脂のひとつと言われます。

味わいは、バターの代用になるようできるだけバターに近づくように作られてはいますが、バターよりあっさりした風味のほうが多いと言われています。

お料理もお菓子もあまりコクを出さずあっさり仕上げたいときは、マーガリンを使ってみるのもいいかもしれませんね。

また、冷蔵庫から出したばかりのバターはとっても硬くてパンに塗りにくいですが、マーガリンは柔らかいものが多いので塗りやすいので「忙しい朝はバターよりマーガリン」というご家庭も多いのだとか。

バターに比べてリーズナブルなので、育ち盛りのお子さんがたくさんいるご家庭などでは重宝しますよね!

そんな柔らかいマーガリンだからこそすぐできる!朝におすすめの「マーガリン」レシピをひとつご紹介します☆

アーモンドバター (by くにちゃんさん)

a320c97bef0ad1d14d75173831a3172a5f304273.750x0.none

材料をボールに入れて混ぜるだけで簡単!秋に似合う味わいの「アーモンドバター」♪

バターとありますが柔らかいマーガリンを使うので、混ぜるのもあっという間。パンに塗ったり、パンケーキに塗ったりと、アレンジの幅がききますよ♪

アーモンドバターのレシピはこちらから

…いかがでしたか?

「バター」と「マーガリン」それぞれの良いところを知ってうまく使い分ければ、朝の時短や節約にもつながるかもしれませんね♪

「マーガリンの日」とは?

マーガリンなどの食用加工油脂を製造販売する会社で構成される「日本マーガリン工業会」が制定。植物性、動物性の油脂を原料としたマーガリンのソフトな風味や舌触りの良さ、美味しさをより多くの人に伝えるのが目的。日付はマーガリンの生みの親であるフランス人のメージュ・ムーリエ・イポリットの誕生日(1817年10月24日)から。

▼あなたは今日をどんな1日にしたい?朝時間.jpのiPhoneアプリにある、1日をハッピーにするための新習慣「ひとこと朝宣言」で、今日の目標ややりたいことを宣言してみて! iPhoneアプリダウンロードはこちら♪ → http://apple.co/1pWvasG

この記事を書いた人
Nice to meet you!

コラム「今日は何の日?」

「今日は○○の日」にまつわるデイリーコラム♪
Written by

なっちゃん

テレビ番組制作会社の勤務を経て、ライターへ転身。グルメ、ライフスタイルの記事執筆が得意です。朝ごはんが大好きで友人と2人で朝ごはんのお店を紹介するブログ【「朝ごはんソムリエ」になってみた】を運営中。朝美人アンバサダーとしても活動を行っています♪

◆ブログ:http://asagohansomurie.blog.jp
Twitter:https://twitter.com/natvco

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

今日の朝の人気ランキング