BLOG

心がほどける。生きる力をとり戻したいときに効く小説『きなりの雲』

 

今日の「まっこリ~ナのカフェボンボン」の本棚は、『きなりの雲』

恋人から別れを告げられた女性が、かけがえのない日々をとり戻していく。石田千の心にしみる長編小説です。

20170428
きなりの雲
著者:石田千
出版社:講談社

葉をみせて。恋を失ったさみ子が、水栽培のアボカドに話しかける。恋と一緒に生きる力も失った。ほとんど食べることも忘れた。体は悲鳴をあげていた。

もうじゅうぶん。そう悟ったさみ子はほんの少しずつ日々の暮らしへと戻っていきます。止まっていた時間を巻き戻すのではなくふたたび進めるために。

古いアパートの屋上で、葉を伸ばし始めたアボカドを鉢に植える。休んでいた編み物教室を再開する。別れた恋人のことより昨日今日会った人たちを思い出す方が増えていると気づく……。

編むひとが手を使うことで日常をとり戻していく。傷ついた心はなかなか癒えないけれど、ゆっくりとほどけていくさみ子の心がじんわりしみます。

編み物が大好きな私は、編み物のシーンを心ゆくまで楽しみながら読みました。やわらかくあたたかい毛糸を編むように、人の心をつないでいく物語です。さみ子さんのまわりにあるきらきらがまぶしい。

Love, まっこリ〜ナ

***

「まっこリ~ナのカフェボンボン」を読んでくださってありがとうございます。「カフェボンボン」が心ときめく本との出会いの場となりますように。

*朝読書のすすめ『まっこリ~ナのCafe BonBon』連載一覧はこちらです。
https://asajikan.jp/topics/cafebonbon/

朝読書のすすめ『まっこリ~ナのCafe BonBon』はこちら>>

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

朝読書のすすめ『まっこリ~ナのCafe BonBon』

公式ブログ
小説から絵本まで、編集者が選ぶ”朝読書”におすすめの1冊
Written by

まっこリ〜ナ

編集者・ライター

出版社勤務を経てフリーランスに。図鑑や写真集、子どもの本や雑誌などの編集に携わる。本がくれる愛のチカラを糧に生きる日々。いちばん好きな本の主人公は長くつ下のピッピ。
趣味は草花園芸、編み物、ランニング、スポーツ観戦。

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

今日の朝の人気ランキング