疲れた顔になってない?年末の朝におすすめ「疲れ顔対策」3つ

おはようございます!キレイナビ代表・美容家の飯塚美香です。今年も残りあとわずか。忘年会やクリスマスパーティーなどのイベントに、仕事納めに、大掃除。12月は一年で最も忙しい時期ですよね。

そんな中、朝から疲れた顔になっていませんか?今回は、朝の時間にできる、疲れ顔の対策方法をご紹介します。

【対策その1】クマやくすみには簡単「ホットタオル」

クマやくすみなど、顔が疲れて見えるのは、血流が悪くなっていることが原因のひとつです。寒いとどうしても全身の血流が悪くなりますが、顔も同じです。

それを解消するにはホットタオルがおすすめ。水で濡らしたタオルを電子レンジで温めて、ホットタオルを作ります。熱さに注意しながら顔全体に乗せて温めます。

同じように首の後ろも温めるとさらに効果的。これだけでも顔の血流が良くなり、クマやくすみが目立たなくなります。さらに冷水で洗顔すれば温冷ケアにより、顔がキュっと引き締まります。

【対策その2】スキンケアにプラスしてイキイキ♪「クリームパック」

4c809bee17738c5595096614d2cf90f3_s

疲れ顔には、たっぷりと栄養を補給してあげる必要があります。高価な化粧品を使うのも良いと思いますが、ケチケチ使っては効果が半減。おすすめは、化粧水でも美容液でもクリームでも、惜しみなくたっぷり使うこと

疲れ顔は、栄養が足りていない場合があります。スキンケアの仕上げに、クリームをたっぷり顔に付けてパックをしてみて下さい。10分ほどしたら余分なクリームをティッシュで優しく拭き取ります。水分と美容成分で肌が満たされて、疲れ顔がイキイキしてきます!

【対策その3】「エクササイズ」で表情ハッキリ!小顔効果も♪

4a3702f558398b47dcab23bdfe051a28_s

疲れた顔に見えるのは、表情がどんよりと曇っていることも原因の一つです。顔にも多くの筋肉があり、普段話したり食事をするだけでは使われにくい筋肉もあります。フェイシャルヨガには様々な顔のエクササイズ方法があり、行うと表情がハッキリして、目が大きく小顔効果も実感できます。

ここでは、朝簡単にできる方法をご紹介します。目を最大限に大きく開けて、そのままの状態で右、左、上、下を見ます。これを10回。額にシワが寄る方は額を手で押さえながら行いましょう。目の周りがスッキリして目ヂカラがUP!疲れ顔も元気に見えるでしょう。

朝に行う3つのお疲れ顔対策をご紹介しました。目覚めて鏡を見たら、疲れた顔になっていた!という時にぜひ試してみて下さいね。

さて、今年の記事は、今回で最後になります。来年も引き続き、朝に役立つ美容方法をご紹介して参りますので、よろしくお願い致します。みなさま、どうぞ良いお年をお迎え下さい。

この記事を書いた人
Nice to meet you!

朝のビューティー習慣123♪

スキンケア術やメイクなど、朝からキレイを磨くための習慣
Written by

飯塚美香

有限会社アイアール代表取締役。美容コミュニティサイト「キレイナビ」を運営する他、長年のインターネットと美容の知識を生かし美容ライターとしても活躍。ポータルサイトでの美容コラム執筆、美容関連サイトの監修やライター講師などを担当する。日本ダイエット健康協会認定インストラクター等の資格を生かし、外側だけでなく体の中からの健康的な美しさを追求する。ダイエットの講師を務める他、全国各地で美容イベントを開催。

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

ヘルス&ビューティーの人気ランキング