秋冬バージョン!朝の時短に便利すぎる「自家製冷凍カット野菜」

 

おはようございます!ヤミーです。

今日は、夏にとっても人気があった「自家製冷凍カット野菜」の秋冬バージョンのご紹介。冷凍におすすめの、秋冬野菜をご紹介します!

夏の野菜はこちら→ぜーんぶ生のまま♪「自家製冷凍カット野菜」が便利!(https://asajikan.jp/article/103624

2016-10-11 07.26.18

野菜は基本は「生で冷凍OK」。じゃがいもやレンコンなど、いくつか生冷凍は向かないものもありますが、少ないくらいです。

例えば、市販の冷凍野菜でもよくある、ブロッコリー、ほうれん草、いんげん。これらも生のまま冷凍できるんです。切っただけで冷凍出来るので、調理して余ったら、すぐにパパッと冷凍してしまいましょう。

「自家製冷凍野菜」の作り方

冷凍野菜の作り方のルールは、夏の時と同じ。

1) よく洗う

2) 水気をしっかりふき取る。

3) 食べやすく切る(ここで水分が出てきたらそれもしっかりふきとる)

4) ジップ付きの袋に入れて冷凍庫へ

使い方は、凍ったまま炒めたり煮込んだり。いつもの生野菜と変わらず調理することが出来ます。

ただし、冷凍すると柔らかくなるのが特徴。凍ると野菜の中の水分が膨張して繊維が壊れるからだそうで、生の時のシャキシャキ感は失われます。なので、サラダなどで食べるのではなく、火を通した食べ方がおすすめ。

また、秋冬の野菜は、火を通してから冷凍するのがおすすめなものも。

例えば、レンコンとかぼちゃ。レンコンは食感を保つためで、かぼちゃは生で冷凍できますが、朝ごはんやお弁当に使うのに便利にするためです。

それぞれのところで詳しく説明しますが、電子レンジ加熱でOKなので、この2つは下ごしらえしてから冷凍すると便利です。

では、冷凍するとどんな感じなのかご紹介します。

「冷凍レンコン」のコツ

2016-10-11 07.32.09

レンコンって、傷みやすいので、気づいたら悲しい姿に、、、ということがありますよね。使いきれなかったら即冷凍するのがベスト!

レンコンは、薄切りにした後にキッチンペーパーをしいた耐熱皿に並べて電子レンジ600wで1~2分(200gの場合)、軽く加熱します。完全に火が通る必要はなく、熱々になって水分が抜けた感じがすればOK。

生のまま保存も出来なくないですが、ちょっとブニョッとした食感になります。

そして、切った後ですが、酢水にさらす必要はありません。というのは、白く仕上げるような料理には、冷凍したものは向いてないと思うからです。

煮物や炒め物にすると、結局色がつくので、私は特に酢水にさらしませんし、皮もむかずにそのまま薄切りにします。

ちなみに、根菜でも、ごぼうは生のまま保存がOK。色は黒くなりますけどね。食べやすく切ったら水にさらし、しっかりと水気を拭き取って冷凍してください。

「冷凍かぼちゃ」のコツ

2016-10-11 07.33.53

かぼちゃは生のままでも冷凍可能です。

ですが、私は朝ごはんにさっと火を通すためと、お弁当に使いやすくするために、加熱して小さく切ってから冷凍しています。

これも電子レンジで加熱OK。一口大に切って、皮をところどころむき、耐熱皿に並べてラップをして600wで3~4分(1/4個の場合)。それから小さなサイズに切って、冷まして冷凍です。

半分は、皮をむいてマッシュするのもおすすめ。マッシュしたかぼちゃは、コンソメと牛乳を加えてポタージュにしたり、パンにぬったり、ホットケーキの生地に加えれば、パンプキンホットケーキに。色々と使い道があるので、使いきれなさそうなかぼちゃはすぐにマッシュしてしまいます。

味付けをしていなければ、料理にもスイーツにも使えるのでおすすめです。

「冷凍きのこ」のコツ

2016-10-11 07.30.53

写真はしいたけですが、きのこ類はどれも冷凍保存したほうがうまみUP!生のまま保存します。

丸ごと凍らせると使う時に大変なので、切ったりほぐしたりしてから冷凍してください。

「冷凍かぶ」のコツ

2016-10-11 08.39.55

かぶは生のまま冷凍します。

私は、普段は皮つきのまま使いますが、冷凍の時は皮と実の食感の差が大きくなるので、皮は除いて冷凍。お味噌汁やスープに入れると、柔らかくておいしいです。

「冷凍豆」のコツ

2016-10-11 07.29.04

戻した豆や、缶詰の豆は冷凍保存可能

水気をしっかり切って袋に入れれば、凍った後もほぐすことができます。缶詰の場合は、さっと流水で流してください。ぬめりと缶臭さが取れます。食感も変わることなく、必要な時に必要な分だけ使えて便利!


冬も、野菜は、冷凍保存が使い切れておすすめ。野菜を切るところからスタートしなくてよいのは、本当に時短になります。詳しくは来週、この冷凍野菜を使ったメニューをご紹介しますので、お楽しみに!

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

10分以内で完成!ヤミーさんのスピード朝ごはんメニュー

忙しい朝時間でも作れる!朝食メニューと時短テクニック
Written by

ヤミー(清水美紀)

輸入食材店に勤務していた知識を生かして世界中の料理を3ステップの簡単レシピにしてお届けする料理研究家。2006年1月にスタートした料理ブログは、2007年6月に『大変!! この料理簡単すぎかも…ヤミーさんの3STEP COOKING』(主婦の友社)として出版され、ベストセラーとなる。それをきっかけに料理研究家の道に進み、現在は料理本の他、企業のレシピ開発、商品開発、雑誌、TV、WEBなどで活躍中。最新刊は『ヤミーさんの毎日使えるオーブントースターレシピ』(扶桑社)
「大変!!この料理簡単すぎかも… ☆★ 3STEP COOKING ★☆」
http://ameblo.jp/3stepcooking/

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

朝ごはんの人気ランキング