朝の化粧水はこうつけるのが正解!メイク持ちをかなえるコツ3つ

29cec53f9827d855bab98070f4c8bf65_s

おはようございます!キレイナビ代表・美容家の飯塚美香です。

日本は水がキレイなので、スキンケアでは化粧水を重視する傾向にあります。(逆に、ヨーロッパではクリームを重視する傾向あり)なので、日々のお手入れでは、化粧水の重ね付けやコットンパックなど、化粧水にかける時間が一番長いですよね。

それでは、朝と夜とで化粧水のつけ方を変えていますか?今回は、保湿と化粧持ちを叶える、朝の化粧水のつけ方をご紹介します。

【化粧水のコツ・その1】Oゾーンから先につける

スキンケア笑顔の女性_江口_20151002_Fotolia_77605967_Subscription_Monthly_M

これは、朝に限らないことですが、化粧水はOゾーンから先につけましょう。Oゾーンというのは、顔の中でも皮脂腺の少ない目の周り、口の周りのことです。乾燥しやすいので、洗顔後はまず目の周り、口の周りから化粧水をなじませます。

次につけるのは、比較的皮脂のバランスがとれているUゾーン。Uゾーンは頬から顎の顔の大部分のことです。そして、最後につけるのは額、鼻の皮脂が多いTゾーン。化粧水だけでなく、美容液、乳液、クリームなどもすべてO→U→Tの順番につけていきましょう。

【化粧水のコツ・その2】メイク前の引き締めコットンパッティング

スキンケア・鏡を見る若い女性_澄江_160210_Fotolia_88346122_Subscription_Monthly_M

化粧水は、手でつけるのがいいのか、それともコットンでつけるのがいいのか。これは、人それぞれ意見が分かれるところですね。美容家や化粧品メーカーによっても、提案する方法が異なってきます。

私がおすすめするのは、手でつけてから、コットンでパッティングする方法。まず、化粧水をたっぷりと手にとってから、なじませます。その後に化粧水をコットンにとって、パッティング。

メイク前にパッティングをすることで、フェイスラインが引き締まり、メイクの持ちが良くなります。パッティングは、耳の下からフェイスラインを通って左右に動かしながら、下から上に引き上げるように行います。コットンは中指1本にはさみ、力を入れずに優しくパッティングします。

最後は耳の下から鎖骨に向かって、首を上から下へ滑らせます。

【化粧水のコツ・その3】 朝は冷やし、夜は温める

活動を始める前の朝は、顔をシャキっと冷まして、交感神経を優位にするためにも、化粧水で肌を冷やしましょう。手で化粧水をなじませた後に、コットンパッティングをすることで、肌が冷えて顔がキュっと引き締まります。

逆に夜は、一日の活動を終えてリラックスしたい時。副交感神経を優位にするためにも、スキンケアでは肌を温めることを意識。コットンパッティングはせずに、手だけを使って、優しく肌を包むようにスキンケアをします。

朝と夜とで同じスキンケアをしている方。化粧水のつけ方ひとつで肌状態が全く違ってきます!保湿とメイクの持ちを良くする朝のスキンケア。ぜひ試してみて下さいね。

この記事を書いた人
Nice to meet you!

朝のビューティー習慣123♪

スキンケア術やメイクなど、朝からキレイを磨くための習慣
Written by

美容家 飯塚美香

有限会社アイアール代表取締役。美容コミュニティサイト「キレイナビ」を運営する他、長年のインターネットと美容の知識を生かし美容ライターとしても活躍。ポータルサイトでの美容コラム執筆、美容関連サイトの監修やライター講師などを担当する。日本ダイエット健康協会認定インストラクター等の資格を生かし、外側だけでなく体の中からの健康的な美しさを追求する。ダイエットの講師を務める他、全国各地で美容イベントを開催。

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

ヘルス&ビューティーの人気ランキング