なかなか減らない皮下脂肪を落とす「3つの生活習慣」|呼吸とダイエット Vol.56

 

おはようございます! 姿勢とボディメイクのエキスパート、トータルアライメント・コーチの柳沢とも子です♪

9月に入り、まだまだ暑い日が続いていますが、お店に並ぶお野菜やフルーツを見ているとやっぱり秋!旬の味覚であふれています。

そんな食欲の秋に、しっかりたべても美ボディをキープできる、9月にはじめたい、『お腹周りの贅肉・皮下脂肪を燃焼する方法』 をお伝えしていきます!

皮下脂肪を溜めない≪3つの生活習慣≫

お腹マッサージ_江口_20160323_Fotolia_69910845_Subscription_Monthly_M

女性は自分の体を守るため、熱伝導が低い皮下脂肪を蓄えやすい体質になっています。また、熱が伝わりにくい性質をもつ皮下脂肪は一度ついたらヤセづらく、毎日の生活習慣から気をつけるのが得策。 今日から早速できる、皮下脂肪を溜めない予防策をチェック!!

<1> 「立つ」習慣で皮下脂肪も老化もストップ!

若い女性の素足_江口_20150827_Fotolia_66713498_Subscription_Monthly_M

姿勢を意識して「立つ」という習慣は、運動の時間が取れない時、毎日の通勤、送り迎えなどの時に最適!そして、立つ時間そのものを多くすることは、アンチエイジングに役立つと実証済みだそうです♪

<2> タンパク質で燃焼体質へ

Soy milk

脂肪の燃焼→筋力アップという縮図はもう皆さん知っての通り。 筋肉を減らさないためにも、たんぱく質の摂取を常に念頭に!乳製品、卵が苦手な人は、豆類などの植物性タンパク質がオススメです。

<3> お付き合いの外食や、家族と同じカロリーの高いメニューを“可能な範囲” 控える

Four women who have been toast with champagne

お付き合い外食や、家族が喜ぶおかずには、皮下脂肪に大敵のメニューがたくさん!お肉やどんぶり、から揚げ、オムライス、お酒など、どれもおいしいメニューばかりですが(笑)、代謝が低下している私たちはカロリーに気をつけましょうね。


運動やウォーキングなどのケアをしていても、年齢と共にどうしても増えてしまう皮下脂肪。食欲の秋に先んじて毎日の生活習慣を意識してみましょう。

来週は≪エクササイズ編≫として、皮下脂肪を効果的に燃焼す、基礎代謝があがる簡単エクササイズをお伝えします!

今日も朝の呼吸とダイエットを読んでくださってありがとうございます♡キレイの秘訣は “意識と継続” !どうぞ今週も、健やかな毎日をお過ごしください^^柳沢とも子

前回の「おばさん姿勢から脱却!美人背中をつくる方法」はこちら(https://asajikan.jp/article/104978)

※撮影協力:ダイエット・姿勢改善でキレイに アライン ピラティス (代々木公園)

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

ピラティストレーナーTOMOKOの「朝のポジティブ・ボディーメイク♪」

あなたの一番キレイを引き出す♪朝のダイエット&ボディーメイク
Written by

TOMOKO

ピラティストレーナー。交通事故によるリハビリ中にピラティスを知る。3年を経て完治後、2006年ピラティス専門スタジオ設立。書籍やテレビ番組の監修をはじめ、J-Waveレギュラー、産婦人科医院での指導など多方面で指導。2017年よりハワイ提携スタジオを第2の拠点とし、東京とハワイでピラティス指導を行う。

◆アライントモコピラティス 代々木公園:http://align.jp/
◆Amebaブログ:http://ameblo.jp/tomoko-align
◆Instagram:@tomolovepilates

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

ヘルス&ビューティーの人気ランキング