おばさん姿勢から脱却!美人背中をつくる方法|呼吸とダイエット Vol.55

おはようございます! ピラティス&ボディメイク・トレーナー の柳沢とも子です。

8月も残すところあと10日ほど。夏の疲れが出やすいこの時期、背中が重くネコ背になっていませんか? ネコ背や姿勢の悪さは、実際の年齢より年上の印象を与えてしまうことがあります。

垂れ下がった背中の贅肉と姿勢で、見た目年齢が決まってしまうなんて、悲惨ですよね(笑)

今日は、おばさん姿勢からモデル級の美人背中をつくる、『姿勢を整える背中美人ケア』をお伝えします♪

背中美人のポイントは “肩甲骨周りの柔軟性”!

背中は普段、自分の目に届きにくい分、ダイレクトに年齢や重さを感じさせてしまう部分です。いつでもできる気軽なケアを継続していきましょう。肩コリさんはそれだけで姿勢が悪くなることもありますし、肩甲骨周りの柔軟性はこまめにケアしてください。

CIMG1818
腕とヒジは床と平行を保つのが引き締め成功ポイント!

1) 息を吐きながら、写真のように左ヒジを後方へ引きます。
2) 次に、左右の腕を入れ替え、反対の右ヒジも同様に後方へ引きます。
3) 左右交互に繰り返し、5から10セット行いましょう。


ボディラインの崩れが気になったり、疲れがとれないときなどは、バックスタイルをしっかり見直していきましょう。どこでもできる簡単ケアで、肩甲骨周りをやわらかくしてくださいね。

今日も朝の呼吸とダイエットを読んでくださってありがとうございます♡キレイの秘訣は “意識と継続”

どうぞ今週も、健やかな毎日をお過ごしください^^柳沢とも子

<< 前回の記事 『 “深呼吸” 10回だけで!秋からの幸運を引き寄せる』 を読む

※撮影協力:ダイエット・姿勢改善でキレイに アライン ピラティス (代々木公園)

この記事を書いた人
Nice to meet you!

ピラティストレーナーTOMOKOの「朝のポジティブ・ボディーメイク♪」

あなたの一番キレイを引き出す♪朝のダイエット&ボディーメイク
Written by

TOMOKO

ピラティストレーナー、骨盤美容家。交通事故によるリハビリ、治療中にピラティスを知る。その後OLを経て起業し2005年ピラティス専門スタジオを設立。姿勢や体質改善の見識の高さから、産婦人科での指導や、雑誌や書籍、冷えとりウエアの監修など、多方面で活躍中。

◆アライントモコピラティス:http://align.jp

◆Ameba公式ブログ:http://ameblo.jp/tomoko-align

◆Instagram:@tomolovepilates

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

ヘルス&ビューティーの人気ランキング