もう崩さない!スキンケアからファンデまで「朝の仕込みテク」

 

lipstick-791761_960_720

こんにちは!キレイナビ代表・美容家やの飯塚美香です。

だんだんと気温が高くなり、メイク崩れが気になる季節となりました。せっかく朝キレイにメイクをしても、テカテカ、ドロドロに崩れてしまうのは残念ですよね。暑くても汗をかいても、朝のメイクを守るためのコツをご紹介します。

スキンケアでは肌温度を下げる!

31iQ9+OmsWL

気温が高い時は、朝のスキンケアで肌温度を下げてからメイクをしましょう。化粧水を冷蔵庫に入れて冷やしておいたり、収れん化粧水を使ってクールダウン。コットンにたっぷりと含ませ、小鼻周りなどメイクが崩れやすい部分にパックをするのもおすすめです。

また、崩れる原因となる皮脂や汗を拭きとり化粧水でオフし、肌の凹凸をフラットに整えておくのも効果的。メイク前のスキンケアを工夫して崩れを最大限予防しましょう。

おすすめ収れん化粧水はこちら(Amazon.co.jpの商品ページへ) >>

崩れない下地をスポンジでならす!

ダウンロード

春夏は皮脂や汗にも崩れにくい化粧下地が店頭に並びます。秋冬の下地は保湿効果は高いですが、春夏には適さないものも多いので、季節に合わせて選ぶようにしましょう。

化粧下地を付け過ぎるとメイク崩れの原因になります。指ではなくスポンジでなじませるのがおすすめ。小鼻や目の周りもスポンジなら細部までムラなく付けられます。

そして、付け終わったら顔全体をティッシュで軽く押さえましょう。この一手間で化粧下地を肌にピタっと密着させ、ファンデーションのノリを良くします。また、小鼻周りは専用の下地を使うのもおすすめです。

おすすめ化粧下地はこちら(Amazon.co.jpの商品ページへ) >>

ファンデーションはブラシで薄く付ける!

powder-1343682_960_720

メイクを崩さないためには、化粧下地と同様ファンデーションを肌に密着させることが大切です。そこでおすすめなのが、リキッドでもパウダーでも、ファンデーションはブラシで付けること。パフやスポンジで付けるより厚塗りにならず、肌に均一に付けることができます。

メイク崩れが気になる小鼻などは、ブラシを縦にポンポンとあてると毛穴をカバーできます。

リキッドの場合はあらかじめ肌に数カ所乗せておき、ムラのないようにブラシで薄く伸ばします。付け過ぎた時はティッシュでオフ。フェイスパウダーをはたいてサラサラに仕上げましょう。

メイク崩れを防ぐにはスキンケアからファンデーションまで、朝の仕込みにあります!少しの工夫で崩れにくいメイクが可能。ぜひ実践してみて下さいね。

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

朝のビューティー習慣123♪

スキンケア術やメイクなど、朝からキレイを磨くための習慣
Written by

美容家 飯塚美香

有限会社アイアール代表取締役。美容コミュニティサイト「キレイナビ」を運営する他、長年のインターネットと美容の知識を生かし美容ライターとしても活躍。ポータルサイトでの美容コラム執筆、美容関連サイトの監修やライター講師などを担当する。日本ダイエット健康協会認定インストラクター等の資格を生かし、外側だけでなく体の中からの健康的な美しさを追求する。ダイエットの講師を務める他、全国各地で美容イベントを開催。

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

ヘルス&ビューティーの人気ランキング