“優しく”がキーワード!夏の終わりのおすすめ「毛穴ケア」3つ

 

おはようございます!キレイナビ代表・美容家の飯塚美香です。

8月も残すところあと3日。まだまだ残暑が続きそうですが、過酷な夏に耐えてきた肌をきちんとケアしてあげましょう。夏は皮脂分泌が多くなり、毛穴も開きがち。今回は夏の終わりの正しい「毛穴ケア」についてお話します。

毛穴は絶対「刺激しない」!

IMG_4909

鼻周りに貼ってはがすタイプのパックは、毛穴に刺激を与えるだけでなく、毛穴を広げてしまう原因になります。毛穴の中が黒ずんでいたり、コメドが溜まっている場合は、無理に取り除こうとせずに優しくケア

蒸しタオルをあててスチームで毛穴を開いたら、クレイ入りの洗顔料を泡立てて優しく洗顔をしましょう。指や爪でこすったりせず、「泡を肌に滑らせるように」洗います。クレイが毛穴の奥までスッキリ洗い流してくれます。

私が愛用しているのは、上の写真の「ホワイトヴェール フェイスウォッシュ」。きめ細かい泡が気持ちよく、洗い上がりの肌がつるんとします。

詳細・購入はこちら(amazon.co.jpへ) >>

ゆるんだ毛穴を引き締める「ビタミンC誘導体」

IMG_4908

洗顔の最後は必ず冷水を使って肌温度を下げておき、さらに毛穴を引き締めるアイテムを使います。それはビタミンC誘導体配合の美容液。ビタミンCと聞くとシミ対策や美白ケアをイメージすると思いますが、毛穴ケアにも効果が期待できる成分なのです。

私は朝晩のお手入れの一番最初に、上の写真の「ナチュラルエレメンツ バランシングセラムC」を使っています。1.6倍浸透の高濃度ビタミンC誘導体が開いた毛穴をキュッと引き締めます。刺激がない優しい使い心地なので、肌が弱い方にもおすすめです。

毛穴ケアには「食事」にも気を付けて

IMG_4910

毛穴を広げてしまう原因の一つが、過剰な皮脂分泌。皮脂が肌の上で酸化して黒ずんだり、コメドを作ってしまうことにも。過剰な皮脂分泌を予防するには、体の中からのケアも大切です。油分の多い揚げ物やスナック菓子、ケーキなどは控えて、抗酸化作用の高い野菜や果物を摂るようにしましょう。

トマト、グレープフルーツ、キウイや、腸内を整えるヨーグルト、味噌や納豆などの発酵食品もおすすめです。

*****

毛穴の開きが気になるからといって、無理に取り除くケアはNG。コンシーラーやファンデーションの厚塗りでカバーすることは、毛穴を塞いでしまい逆効果になることも。朝は洗顔で肌を冷やしてからメイクをするだけでも、毛穴の開きを目立たなくできます。

毛穴ケアは“優しく”がキーワード!肌を労わりながらお手入れしてみて下さいね。

☆この連載は<毎週火曜日>に更新します。来週もどうぞお楽しみに…!

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

朝のビューティー習慣123♪

スキンケア術やメイクなど、朝からキレイを磨くための習慣
Written by

美容家 飯塚美香

有限会社アイアール代表取締役。美容コミュニティサイト「キレイナビ」を運営する他、長年のインターネットと美容の知識を生かし美容ライターとしても活躍。ポータルサイトでの美容コラム執筆、美容関連サイトの監修やライター講師などを担当する。日本ダイエット健康協会認定インストラクター等の資格を生かし、外側だけでなく体の中からの健康的な美しさを追求する。ダイエットの講師を務める他、全国各地で美容イベントを開催。

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

ヘルス&ビューティーの人気ランキング