[あしたの朝ごはん]第39話:広い世界を見るのだ

(この物語のあらすじ)

フリーライターの莉子は、店主のハルコさんおいしい朝ごはんを作る「カフェ あした」の常連客。東京から遠く離れた架空の小さな街・夢野市で、愉快な人びとや魅力的な食材が出会って生まれる数々の出来事。

そんな日常の中で、主人公の莉子が夢をかなえる鍵を見つけていきます。第6週は「ふるさとが呼んでいる」。

DX07

第39話:広い世界を見るのだ

これまでのストーリーはこちら >>

(第6週:ふるさとが呼んでいる)

「笹野商店を継ぐ気はないのかしら」

わたしがたずねると、笹野さんはさみしそうに首を振ってうつむき、胸ポケットのタバコに手を伸ばした。

はたと気付いて決まりが悪そうに笑って手をテーブルの上に戻し、「ハルコさん、すみませんがコーヒーをもらえますか」と言った。

笹野さんによると、一人息子の明さんは24歳で独身。小さいころから何かにつけて「商店の息子」と学校や近所で言われるのを嫌がって、引きこもりがちだったという。

「広い世界を見たい」と18歳で上京して大学に入り、卒業後はITベンチャー企業で昼も夜もなく働いているという。

「夢野なんか田舎じゃと言い張って、見向きもせん。最近じゃ盆暮れも帰ってこんし」

「その気持ち、分かるような気がします」

コーヒーカップをのぞきこみながら、わたしは言った。

「わたしも昔から夢野市みたいな田舎にいたら、チャンスもないし、つまらない人生になると思ってたんです。

東京へ行けば一流の人に出会ったり、有名なお店に通ったり、自分が魅力的になれるような気がして。

まあわたしの場合は、就職できずに地元に戻ってきたクチですけど。息子さんは、大都会で仕事を見つけて、自活して踏ん張ってて立派ですよ」

笹野さんは黙ってコーヒーをすすった。ハルコさんは後から入ってきたお客さんのために、アジを焼いている。

「息子さん、ITの会社で働いてるっておっしゃいましたよね」

「ああ、SEとかなんとか。何度聞いてもさっぱり分からんのじゃけど」

笹野さんはズボンのポケットから財布を取り出した。診察券やら免許証のカードの束から、角が少し折れ曲がった名刺を取り出した。

「これ、息子の。連絡先があるでしょう」

子どもの名刺を大切に持ち歩く笹野さんの親心が透けて見える。

「わたしフリーライターになって間もないんですけど、ホームページを作りたいと思ってたんです。良かったら紹介してもらえませんか?」

(明日の朝につづく)

今日のおすすめ記事「美味しさ倍増!コーヒーにチョイ足し7つのアイデア」

(ストーリーに関連するおすすめレシピや記事をご紹介します♪)

d8a8c29599e478d0dcdc0fafe4df44fc_s

笹野さんはシンプルなブラックコーヒーが好きそうですが、息子さんは、ラテやマキアートなど、東京にあふれるコーヒーショップでアレンジコーヒーを飲んでいるかも?しれませんね。

笹野さんにも試してみてほしい、おうちでできる、コーヒーをもっとおいしくする「チョイ足し」アイデア7選をチェック!

美味しさ倍増!コーヒーにちょい足し7選はこちら♪ >>

(この小説は毎朝4時更新です。続きはまた明日!)

★この物語の登場人物
波多野莉子(はたの りこ)・・・一人暮らしのフリーライター。30歳。夢野市で生まれ育つ。
ハルコ・・・朝ごはんだけを出す「カフェ あした」の店主。34歳。莉子に慕われている。

これまでのストーリーはこちら >>

この記事を書いた人
Nice to meet you!

朝の小説「あしたの朝ごはん」

毎朝更新。朝ごはんがおいしいカフェを舞台に、主人公が夢をかなえていく日常をつづるストーリー。
Written by

松藤 波

松藤波(まつふじ・なみ)
小説好きが高じて、家事のかたわら創作をする30代の主婦。好きな作家は田辺聖子、角田光代。家族がまだ起きてこない朝、ゆっくりお茶を飲みながら執筆するのが幸せなひととき。趣味は読書と、おいしいランチの店を探すこと。

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

今日の朝の人気ランキング