[あしたの朝ごはん]第20話:4本のバナナ

 

(この物語のあらすじ)

フリーライターの莉子は、店主のハルコさんおいしい朝ごはんを作る「カフェ あした」の常連客。東京から遠く離れた架空の小さな街・夢野市で、愉快な人びとや魅力的な食材が出会って生まれる数々の出来事。

そんな日常の中で、主人公の莉子が夢をかなえる鍵を見つけていきます。第3週は「女友達と待ち合わせ」。
SN200_L

第20話:4本のバナナ

これまでのストーリーはこちら >>

(第3週:女友達と待ち合わせ)

「もしもし、片平ですけれど」

よそいきの声で電話に応じた由美の顔が一瞬くもった。わたしまで思わず身構えてしまう。

「えっ」と硬い声を出して驚いたと思うと、「申し訳ありません。はい……、はい」とすまなさそうに詫びている。

小学校から午前中のこんな時間に何のようだろう。遥ちゃんになにかあったのかな。

「はい、迎えに行きます。え?バナナをですか?あははは、そうですか。分かりました。すぐに行きます。ありがとうございます」

通話を切った由美は、とほほ、という表情で笑いながら言った。

「うわさをすれば、だわ。どうしようもない内輪ネタだからコラムには使えないけどね」

「遥ちゃん、なにかあったの?大丈夫?」

「校庭で全校集会をしている途中にめまいがして座り込んだのだって。頭を打ったわけでもないし、保健室で横になってみたい」

「まだ春だから熱中症でもないし、もしかして低血圧?」

「違うわよ、空腹に耐えかねてふらついたのよ。困ったものだわ」

由美はあきれたという表情をして、カップの底に残っていた紅茶を一気に飲み干した。

「先生がね、今日の給食の献立からバナナを抜き出して食べさせてくれたらしいわ。先生の分も合わせて4本も」

若いなあ。食べ終わったバナナの4本分の皮が積み重なっている画が頭に浮かぶ。

「あの子、お灸をすえなきゃな。とりあえず迎えに行ってくる。莉子、今日せっかく会えたのに、ごめんね」

腰を半分浮かして、両手で拝むポーズをした。

「夢野小学校でしょう?」

「うん」

「じゃあ、すぐ裏手じゃない。わたし、待ってるよ。このお店、11時まであいてるから」

客は出たり入ったりしているが、2、3人がいる程度だ。

「どうぞ、ゆっくりしていって」

様子を察して、ハルコさんはわたしと由美の両方に言った。「じゃあ、ごめん。莉子、待っててくれる?娘を連れてこちらに寄ります」

由美は最後の言葉をハルコさんに向かって言うと、バッグを肩にかけて早足に店を出て行った。

(明日の朝につづく)

今日のおすすめ記事「お腹スッキリ!「バナナ」アレンジ朝食レシピ5選」

(ストーリーに関連するおすすめレシピや記事をご紹介します♪)

c08b581df18273f2f4b431bca9a

消化吸収がよく、すぐエネルギーになる「バナナ」。お年頃の遥ちゃんは、4本のバナナをたいらげて少しは元気になったでしょうか?

脂質ほとんどゼロ!ビタミンとミネラル、食物繊維、カリウムたっぷり。遥ちゃんにも作ってあげたい、美容とダイエットにぴったりのバナナを使った朝ごはんアレンジレシピをご紹介します。

「バナナ」アレンジ朝食レシピ5選はこちら♪ >>

(この小説は毎朝4時更新です。続きはまた明日!)

★この物語の登場人物
波多野莉子(はたの りこ)・・・一人暮らしのフリーライター。30歳。夢野市で生まれ育つ。
ハルコ・・・朝ごはんだけを出す「カフェ あした」の店主。34歳。莉子に慕われている。

これまでのストーリーはこちら >>

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

朝の小説「あしたの朝ごはん」

毎朝更新。朝ごはんがおいしいカフェを舞台に、主人公が夢をかなえていく日常をつづるストーリー。
Written by

松藤 波

松藤波(まつふじ・なみ)
小説好きが高じて、家事のかたわら創作をする30代の主婦。好きな作家は田辺聖子、角田光代。家族がまだ起きてこない朝、ゆっくりお茶を飲みながら執筆するのが幸せなひととき。趣味は読書と、おいしいランチの店を探すこと。

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

今日の朝の人気ランキング