型いらずで簡単にかわいく変身♪ベーコンカップエッグ

IMG_7187

おはようございます。料理研究家・管理栄養士の五十嵐ゆかりです。

連載第25回目の今回は、「型いらずで簡単・かわいい♪ ベーコンカップエッグ」のレシピをご紹介します。朝ごはんにぴったりのベーコンエッグの見た目を可愛くアレンジしました。

ベーコンでカップを作ったら、具と卵を入れて焼くだけの簡単レシピです。ベーコンで型を作るから、セルクル型などの型を用意する必要がありません。ナイフを入れると半熟卵がとろ〜り流れ出てきますよ。底にはチーズをしくことで、カリカリっとした食感に♪ミニトマトを入れることで爽やかな酸味が加わり、味にメリハリが出ますよ。

卵には身体に必要な栄養素の多くが含まれています。忙しい朝でも栄養をしっかり摂りたい!という方におすすめの食材のひとつです。卵だけだとビタミンCや食物繊維、炭水化物が不足するので、卵料理にはパンやサラダなどを添えるのがおすすめです。

それでは、レシピをご紹介します♪

型いらずで簡単・かわいい♪ ベーコンカップエッグ

スクリーンショット 2015-10-30 13.26.19

<調理時間の目安>
10分

<人数>
2人分

<材料&分量>

  • ベーコン・・・・・・・・・・2枚
  • ミニトマト・・・・・・・・・3個
  • 卵・・・・・・・・・・・・・2個
  • ピザ用チーズ・・・・・・・・20g
  • 塩こしょう・・・・・・・・・適量
  • オリーブオイル・・・・・・・小さじ1

<作り方

IMG_7149
1.ベーコンは縦2等分に切る。ミニトマトは半分に切る。

IMG_7150
2.ベーコンの両端を5mm程重ね、もう1枚で包んで形を丸く整える。残りも同様に作る。

IMG_7153

3.ピザ用チーズ、ミニトマトを入れる。

IMG_7155

4.卵を割り入れる。

IMG_7159

5.水(大さじ1)を加えて蓋をして中火にかけ、蒸気が上がってきたら弱火で白身に火が通るまで5分ほど蒸し焼きする。

IMG_7164

6.中火で水気を飛ばし、オリーブオイルを加えて白身のフチをこんがりと焼く。器に盛り、塩こしょうをふる。

調理のワンポイントアドバイス

  • 5分ほど蒸し焼きすると黄身が半熟状になります。しっかり火を通したい場合は、加熱時間を増やしてください。
  • ミニトマトの他、アボカドや刻んだパセリなどを入れても美味しいです。

IMG_7212

いつものベーコンエッグも見た目を変えるとかわいく変身しますよ。忙しい朝でも簡単に作れる「ベーコンカップエッグ」を食べて1日を楽しくスタートさせませんか♪

それでは、今日も素敵な1日にしていきましょう^^

この記事を書いた人
Nice to meet you!

五十嵐ゆかりの”キレイを磨くビューティー朝食”

美容によい食材を使った朝ごはんレシピ
Written by

五十嵐ゆかり

(料理家・管理栄養士)
「楽うまヘルシーな時短ごはん」をモットーに、糖質オフやグルテンフリー、減塩、発酵食品を料理にプラスしてグンと美味しくするコツなど、日々の暮らしに取り入れやすいヘルシーレシピを提案している。著書に『かんたん・おいしい・カラダにいい-塩レモンでつくる基本のおかず』、『食材の栄養素を最大限に引き出す便利帖』など。
ブログ: https://lineblog.me/igarashiyukari/
Twitter:@igarashi_yukari
Instagram:@yukari_igarashi
ホームページ:http://foodcreativefactory.com/

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

朝ごはんの人気ランキング