揚げずに焼けばOK! サバの竜田焼きのお弁当

みなさま、おはようございます!

秋になって涼しくなってきましたね。

忙しい女子のみなさまのためのお弁当!第17回目は「サバの竜田焼きのお弁当」をご紹介します。

生臭いと敬遠されがちなサバ等の青魚は、前日にたれに浸けておくと朝が楽!生臭さも軽減されます。

使い捨てのビニール袋で漬けておけば、朝の洗い物も減らせます。

定番の竜田揚げも、揚げずにフライパンで焼けばOKですよ!

 

サバの竜田焼きのお弁当

鯖の竜田焼き

(材料)1~2人分

・生サバ 100g(三枚におろして骨もとったもの)
・かたくり粉 大さじ2
・油 大さじ2

(A)
・しょうゆ 大さじ1弱
・酒 大さじ1
・おろししょうが 小さじ1/2

(作り方)

① サバは、2cm厚さ程度に切り、ビニール袋や保存袋等に(A)とともに入れる(前日の夜に)。
※空気がなるべくはいらないようにして口を閉じて冷蔵庫へ。袋に入れれば少ない浸け汁で浸かり、生臭い洗い物も減らせます。

レシピ1

② サバの 汁気を紙タオルでしっかりととり、かたくり粉をまぶす。フライパンに油を入れて中火で熱して皮側を下にして並べ、蓋をしめて2分程度、焦がさないように中火~弱めの中火で焼く。

レシピ2

③ 全体を裏返す。返したらフライパンの蓋をしめずに焼き、全体をカリカリに仕上げる。

レシピ3

※焼けたら紙タオルの上にのせて冷まして、油をしっかり切ることが大切です。

※あれば、レモンやすだちなどを入れておき、食べる前に絞るとさっぱりと美味しいです。

*********

魚のおかずを入れる時の注意点は、「魚の生臭さ」をしっかり軽減することです。朝、軽く下味をつける程度では、密閉したお弁当箱全体に魚のにおいがしてしまうことがあります。

 ① 前日の夜に下味をつけて冷蔵庫に。

 ② 朝、生臭みが出た汁気をしっかりと紙タオル等でとってから焼く。

この2つを守るだけで、魚のおかずも得意になると思いますよ♪

 

最近のお弁当は少し秋色になってきました。

サバの竜田焼き、かぼちゃのごま和え、ピーマンの塩炒め、うずらの卵の薄口しょうゆ漬け。雑穀ごはんにぶどう。

お弁当

秋のお弁当作り。楽しんでくださいね。

 

↓毎日のごはんやテーブルコーディネート等を記録しています。よかったら遊びにお越しください。

かめ代のおうちでごはん。 http://kameyogohan.blog.jp/

この記事を書いた人
Nice to meet you!

忙し女子でも作れる!簡単お弁当レッスン

手間はかからずに、手軽に栄養のとれるおいしいお弁当の作り方&レシピ
Written by

料理研究家 かめ代

料理研究家。長年高校生に家庭科を教えていた経験から作りやすくわかりやすいレシピが人気。家庭の優しい味付けに「安心してつくれる」というファンが多い。現在は、WEBや雑誌の連載、企業へのレシピ提供等多方面で活動中。著書に「お弁当は野菜のおかず作りから」(イカロス出版)、「ホットプレート黄金レシピ」(イカロス出版)他。
ブログ「かめ代のおうちでごはん。

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

朝ごはんの人気ランキング