【東京・江古田の朝食】ハード系好き必見!パンと具材を選べるサンドがおすすめ!

 

西武池袋線の江古田駅から徒歩5分程度のところにあるパーラー江古田

前店舗は4名くらい座れるカウンター席に2人用のテーブル席が2セットくらい。奥のカウンターに入ったら後ろを通るときに声掛けして通らなければといった感じで、まぁ、それはそれで雰囲気があって大好きだったのですが、数か月前に前店舗からそう離れていない一軒家の1階部分に移転したというので改めて行ってきました。

パーラー江古田

パーラー江古田

ウッディ―な店内に裸電球。そしてシャンデリア。やはりパーラーがもつ独特の雰囲気いいですね。

以前はカウンター横に陳列されていたテイクアウト用のパンですが、移転後は入口入ってすぐのところにあります。もともと焼き色の濃いパンが好きなので、これらのパンの色を見るだけでヨダレがでそうなのです(笑)

パーラー江古田

ただ、パーラー江古田に行ったら是非ともイートイン(それもカウンターでスタッフの方とお喋りしながら)をオススメします。パーラーのパンが美味しいのはもちろんですが、お料理にも定評があるので、サンドで両方を堪能して頂きたい!

先日、頂いたのはリュスティックに茄子と南瓜をサンドしたもの。パーラーのサンドは、パン数種類x具材数種類から自分の好きな組み合わせでオーダーすることが出来るんです。だいたい定番のものがあるのですが、その季節限定なものが時折メニューにあるので、今回はこちらの夏季限定の具材にしました。パーラーはすべての小麦粉に国産小麦を使っていて、パンの生地自体も味わい深く、噛みしめた時に茄子のジューシーさ、南瓜の優しい甘味が外の暑さを忘れさせてくれるかのようでした。

パーラー江古田

色んな組み合わせを楽しめるので、初めて行った人はどの組み合わせにしようか迷ってしまうと思います。すでに、これを食べよう!って決めている場合は別ですが、そうでない場合は、パンはこんな感じでそれに一番合いそうな具材のオススメをスタッフの方に聞いても良いかもしれないですね。

ちなみにパーラー江古田はキッシュも美味しいので、パンもいいけど卵な気分というときは是非ともキッシュを。また、厚切りにカットされた全粒粉入りの食パンをトーストしたメニューもあり、初めて食べた時にこれ以上美味しい食パンの食べ方はないのではないか?!と感動したくらい美味しかったので、それらも是非試してもらいたいです。

パーラー江古田

パーラー江古田
住所:東京都練馬区栄町41-7
電話番号:03-6324-7127
営業時間:8:30~18:00 朝食営業、ランチ営業、日曜営業
定休日:火曜日

 

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

パンマニア片山智香子のおいしいパン屋ガイド

10,000個以上のパンを食べ歩いたパンマニアによるパン屋さんレポート♪
Written by

パンマニア 片山智香子

パンマニア、パン料理研究家
http://panyameguri.jimdo.com/
10,000個以上のパンを食べ歩いたパンマニア。全国のパンを紹介する日本最大級コミュニティ『パン屋さんめぐりの会』を主宰。著書に『ボウルで3分こねるだけ!ラク!早!カンタン!おうちパン』(学研)『愛しのパン』(洋泉社)がある。最近では、テレビ、ラジオ、雑誌などメディアでも活躍中。
連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

朝カフェ案内の人気ランキング