朝限定の「色」で楽しむ、贅沢なバスタイム

 

色で楽しむバスタイム

『バスタイム』

 

「どんな香りに染まろうかしら」

「スッキリ爽やかな感じかな?」

「それとも甘くて大人な感じかしら」

朝の限られた時間にも関わらず、なぜかウキウキした気持ちに自分を持っていけるのは、1日の始まりを決めるこの時だからこそ。1日の終わりのバスタイムもそれはそれで至福だけど、まだ薄暗い物静かな貴重な時間は誰にも邪魔されたくないスペシャルタイム。

シャンプーやトリートメントを変えてみたり、ボディーソープの香りをいつもと違ったものにしてみたり、入浴する時間のある時は、バスソルトやバスオイルの香りにこだわっても楽しいですね。

夏の汗ばむ時期には、スッとするミントの香りのシャンプーで地肌までスッキリさせて毎朝出勤!なんていうのも気持ちのよいものです。

でもそれより何より是非おすすめしたいのが、香りで楽しむだけでなく「色」で楽しむこと。嗅覚を研ぎ澄ますのと同時に、視覚に意識する集中させることで、寝ぼけた頭もじわじわと起きてきます。

たとえばこんな色の楽しみ方はどうでしょう。ボディタオルやボディブラシ、さらには湯上がり後のバスタオルの色を朝限定で1色用意します。何色にするかは、自分が朝包まれたい色、心地よいと思う色が良いでしょう。これが習慣になってくれば、ベッドで目覚めたその時からバスタイムの色が頭を過るようになり、いつの間にか朝の色が小さな楽しみになってきます。朝限定の色で体を洗い、朝限定の色でほんのり香るからだを優しく包んであげる……。なんて贅沢な朝時間。

憧れるけど時間がない!という人は、朝の色を楽しむために、睡眠時間をまずは30分早めてみて下さい。色を楽しむために、少しずつ時間の使い方を変えてみてはいかがでしょうか?

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

朝に魔法をかける”色”の使い方[連載終了・全12回]

なんでもない朝時間を、“色の魔法”でステキに変える方法[連載終了・全12回]
Written by

七江亜紀

色のひと ®
カラーキューレーター ®
株式会社ナナラボ 代表取締役

それぞれの色が持つ普遍の魅力を組み合わせ、独自の価値基 準で、これからの 新しい生活価値を提案する、ライフスタイ ル・クリエーター。
企業やビジネスパーソンを対象とし、 ファッション、食、インテリア等ライフ スタイル全般のカラーコンサルティングを行う。
「色」を視覚だけに頼らず五感全てを通してイメージできるようさまざまなもの の価値向上を図る。
また多くのメディアにて監修、大学や講習会でも 講師業を行う。クチコミで広 まったサロン「Lustre(ラスタ)」 には全国から多くの女性たちが訪れている。
2009 年の処女 作「働く女性のための色とスタイル教室(講談社)」はロングセ ラーとなり、衣食住にまつわる色の本「知って役立つ色の事典・TJMOOK(宝島 社)」は発売後即完売。2015年2月には初の書き下ろし文庫本「色が教えてくれ ること・人生の悩みの9割は「色」が教えてくれる(大和書房)」を刊行。
既に重版を重ね続けている。他にも著書多数。現在も新刊を執筆中。

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

今日の朝の人気ランキング