朝ピラティス vol.2 ハンドレッド

 

1114_00.jpg
 

1114_01.jpg
1.Start positionを作ります。前回同様、薄い&柔らかいお腹を保ち、おへそから足を引き上げるような意識を。そして、腰幅に開いていたヒザを内腿からしっかり閉じましょう。
 

1114_02.jpg
2.Start positionを保ちつつ、鼻から吸って口から吐きながら大きく頷き、あごの下にオレンジが一つ入るくらいの余裕で頭を上げ、視線は太ももの中央、もしくはヒザに定めます。肩はもちろんリラックスです。
 

1114_03.jpg
3.手を足の方に引っ張られるように床と平行の位置に上げます。
 

1114_04.jpg
4.ひざの高さが変わらない程度に足先斜め上に伸ばし、手先から肩までしっかり長く上下にポンピング。呼吸を5カウントで吸い、5カウントで吐き出します。これを10カウント1セットとし10セット行うことでHundredという名前通りですね。
 

朝ヨガでキレイのヒント

完成形を作ることで、お腹が膨らんで硬く使うことになるなら、美しくなる道へ遠回りしていることになります。

たとえば、頭を上げることで首が痛くなるなら、首を下ろし、しっかり足の位置を維持する。足先を斜めに方向に指差すことで腿の前が硬くなったり、股関節が硬くなったりするなら、足はテーブルトップで構いませんし、手を上下に動かすことで身体がグラつくなら、スローな動きにするなど、ご自身の身体、そして動きに目をかけてあげることが一番大切。大切にお腹をしめて!一日をはじめましょう~!

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

みんなの朝時間.jpツイート

ヘルス&ビューティーの人気ランキング