それ、NGかも?大人が失敗しがちな「NGアイメイク」3つ

 

おはようございます。コスメコンシェルジュの稲毛登志子です。

目元の印象を変えてくれるアイシャドウは、メイクに欠かせないアイテム。しかし、塗り方や選び方ひとつで「あれ、違うかも!?」と不安になることも…。

今回は、アイシャドウのNG使用例と失敗しない塗り方をご紹介します!

大人がしがちな「NGアイメイク」3つ

アイシャドウ

【1】パステル、マット、ダークなアイシャドウ

最近はプチプラでもカラフルなアイシャドウが増えて、選ぶ楽しさも倍増しました。しかしその反面、かわいい色のアイパレットを買ったけど似合わない気がして、お蔵入りしてしまうことも…。

大人の肌は、若い時に比べるとどうしても肌のアラが目立ちます。淡いパステルカラーやマットな質感のもの、また反対にダークな色は、お疲れ顔になるので避けた方がベターです。

【2】キラキラし過ぎのアイカラー

アイカラー

大人世代が大粒のラメやグリッターをふんだんに使うのはNGかも。

ラメは効かせたいところに、わかるかわからないかの量を塗ると「なんか、きれい」を引き出せます。

目尻のみ、目頭のみ、まぶたの中央のみに塗ってみてくださいね。

【3】ベタ塗りアイメイク

アイシャドウ

せっかく似合う色を選んでも、塗り方が雑だととっても残念。

チップで力一杯塗っていませんか?

まぶたから目尻まで同じ強さで塗っていませんか?

一色のみの単色アイシャドウを使う時でも、グラデーションを意識して塗ってくださいね。

大人のアイメイクはこうすればOK

例えば、4色入りのアイパレットを使うとして、すべての色でグラデーションするのはなかなか難しいですよね。

しかし、パレットの中から2色を選んで塗るとグラデーションも簡単です。

アイシャドウ

今回はパープルとボルドー、アイラインもボルドーを選びました。

アイメイク

アイシャドウブラシにパープルを取り、アイホールにふわっと塗ります。

次にボルドーを取り、黒目(目頭側)のあたりから目尻にかけて、縦に塗るイメージで塗ります。縦割りメイクにすると、幅の狭い二重でもグラデーションが見えやすいからおすすめです。

この時、黒目の上をほんの少し濃く塗ると、黒目が引き立って、まぁるい目の印象になれます。

アイシャドウを塗り終えたら、指を使って丁寧にぼかしてくださいね。

最後はアイラインを描きます。今回はアイシャドウがメインなので、細く描きます

アイシャドウと同じ系統のカラーを使うと、アイラインが悪目立ちすることなく、アイメイクに一体感が生まれます!

***

いかがでしたか?今回は大人のNGアイメイクおすすめの大人向けアイメイクをご紹介しました。

大人のアイメイクは気をてらわず「なんか、きれい」を目指すとうまくいきます。この記事が、アイメイクに迷った時の参考になればうれしいです♪

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

いつでも、いつまでも輝き続ける♪朝のメイクTIPS

コスメコンシェルジュによる朝のメイクTIPS!
Written by

稲毛登志子(コスメコンシェルジュ)

2015年に日本化粧品検定1級を取得後、コスメコンシェルジュとして複数のwebメディアで美容に関する記事を執筆中。「女性はいつでも、いつまでも輝き続けられる」をモットーに情報を発信しています。「メイクって楽しい!」「コレ試してみようかな?」そう思っていただけるような情報を週に一度お届けします。
Instagram:@my_sweet_days_

連載記事一覧

ヘルス&ビューティーの人気ランキング