BLOG

秋色満開!紅葉と落ち葉の本

今日のカフェボンボンは、深まりゆく秋にぴったりの『拾って楽しむ紅葉と落ち葉』

落ち葉や木の実を美しい写真とともに紹介した本です。身近な自然に楽しみを見つけてくださいね。

20121102

拾って楽しむ紅葉と落ち葉(森の休日1)
写真:平野隆久/文:片桐啓子
出版社:山と渓谷社

いつも通る散歩道も木々が色づいてきました。赤や黄色に染まった並木道を橋の上から眺めたり、ドングリや落ち葉を拾うのが楽しみです。

木の下を歩いていると、結構、ドングリが落ちてきます! ピシッと体に当たるとちょっと痛いくらい。小さな実の勢いの良さに驚きます。自然の造形美にほれぼれしたら、やっぱり名前や種類も知りたくなる。そんなとき、紅葉と落ち葉について解説した本書がとても役立っています。

葉の色が変わるしくみに始まり、モミジやコナラ、ブドウにサクラなど、何種類もの落ち葉を紹介。落ち葉を拾ったり飾る楽しみ、押し花の楽しみ方も。

この季節、落ち葉用の本やノートをいつも一冊持ち歩いていると便利です。気に入った葉をはさんでおいて、家で別の本などに移し重石をして押し葉作り。一枚の葉に秋を閉じ込めたような押し葉は、本のしおりにおすすめです。

紅葉の「朝時間」は、タネまで赤いニシキギ。鳥の目を引くタネは、朝焼けのような色。

葉っぱの虫食いのあとや穴のひとつも、木々が季節を生きている証。個性的な葉を眺めていると、秋ってドラマティックな季節だと実感します。

Love, まっこリ〜ナ

*朝読書のすすめ『まっこリ~ナのCafe BonBon』連載一覧はこちらです。
https://asajikan.jp/topics/cafebonbon/

朝読書のすすめ『まっこリ~ナのCafe BonBon』はこちら>>

この記事を書いた人
Nice to meet you!

朝読書のすすめ『まっこリ~ナのCafe BonBon』

公式ブログ
小説から絵本まで、編集者が選ぶ”朝読書”におすすめの1冊
Written by

まっこリ〜ナ

編集者・ライター

出版社勤務を経てフリーランスに。図鑑や写真集、子どもの本や雑誌などの編集に携わる。本がくれる愛のチカラを糧に生きる日々。いちばん好きな本の主人公は長くつ下のピッピ。
趣味は草花園芸、編み物、ランニング、スポーツ観戦。

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

今日の朝の人気ランキング