先ずは基本の朝ヨガ! Vol.1 太陽礼拝(サン・サルテーション)

1_1_1.jpg
1.両足をそろえて立ち、背筋を上に引き上げ、両手を胸の前で合掌。(タダアサナ)

2ku2r5630.jpg

2.息を吸いながら両手を大きく広げ、円を描くように持ち上げる。頭の上で合掌。

3ku2r5631.jpg
3.吐きながら、背筋をまっすぐに伸ばしたまま状態を前に倒していく。(ウタナアサナ)

4ku2r5632.jpg

4.息を吸いながら上体を斜め45度に持ち上げる。(フラット・バック)

5_1ku2r5633.jpg

5.吐きながら両足を後ろへ歩かせ、腕立ての姿勢に。ゆっくりとひじを直角まで曲げていく。(チャトランガ・ダンダアサナ)

6ku2r5635.jpg

6.息を吸いながら両腕を伸ばし、上体を起こしていく。左右の肩甲骨を引き寄せ、胸を大きく開いていく。(アップ・ドッグ)

7ku2r5636.jpg

7.吐きながら「く」の字をつくるようなイメージで両手・両足を伸ばし、お尻を高く持ち上げる。ここで5呼吸キープ。(ダウン・ドッグ)

8ku2r5632.jpg

8.息を吸いながら両手の間に足を歩かせ、上体を斜め45度に持ち上げる。(フラット・バック)
9ku2r5631.jpg

9.吐きながら前屈。(ウタナアサナ)10ku2r5630.jpg

10.息を吸いながら両手を大きく広げ、上体を起こし、頭の上で合掌。
11ku2r5628.jpg

11.吐きながら両手を胸元に下ろし、呼吸を整える。(タダアサナ)

朝ヨガでキレイのヒント

様々な恩恵を与えてくれる太陽へ感謝の気持ちを表すために古代よりインドで行われてきた太陽礼拝。呼吸に合わせて流れるようにポーズを取ることにより、筋肉がゆっくりと温まっていき、心と身体が眠りから目覚めます。スッキリとした爽快感を得られると共に、柔軟性と基礎代謝もアップします。忙しい人は目覚めにゆっくりと1回。慣れてきたら3回・5回へと増やしてみると良いでしょう。朝の太陽の光・エネルギーを身体中に取り入れ、充実した一日を過ごしましょう!

この記事が気に入ったら
いいね!してね。

この記事を書いた人
Nice to meet you!

みんなの朝時間.jpツイート

ヘルス&ダイエットの人気ランキング