寝たまま簡単!美しい「くびれ」をつくる呼吸法

 

朝を楽しむ朝美人アンバサダーのみなさんによるスペシャル連載コラム!早朝オンラインレッスン「早起きボディメイク」を主宰するボディメイクトレーナーの齋藤美紀子さんによる、「読むボディメイク」がテーマのコラムを3回連載でお届けします♪

おはようございます。朝美人アンバサダーの齋藤美紀子です。

この連載コラムでは3回に渡り、夏に向けておすすめしたい簡単ボディメイク術をご紹介しています。

最終回のテーマは、誰もが憧れる美しいくびれ!くびれをつくるには、実は呼吸の仕方がポイントです。寝たままできる、骨から美しいくびれをつくる呼吸法をお教えます♪

手に入れたい!憧れの美しい「くびれ」

「痩せたのに、くびれがなくメリハリのない体になってしまった」

「くびれをつくろうと腹筋をがんばっても、どんどん寸胴になっていく」

…こんな経験はありませんか?

骨格からくびれるには、食事制限や筋トレの前に、呼吸の仕方を見直すことが重要なんですよ。

くびれの仕組みとくびれない原因

くびれには肋骨の形が大きく関係します。

肋骨の下のほうが開いているとくびれはできにくく、逆に締まっていると美しいくびれができやすくなります。骨から美しくくびれると、両肘の内側の線を結ぶラインがくびれると言われています。

そして、この肋骨の形には、呼吸の仕方が大きく関係しています。

本来、基本的な呼吸は、肋骨の下にある横隔膜という膜が動くことにより、ポンプのように肺に空気を出し入れしておこなわれますが、猫背や反り腰など崩れた姿勢が続くと、横隔膜の動きが悪くなります。

すると横隔膜の動きだけでは十分な空気を取り込めなくなり、代わりに肋骨を過剰に動かすことにより、空気の出し入れをおこなうようになります。

この肋骨を過剰に使った呼吸が続くと、徐々に肋骨の下の部分が広がった形が定着し、くびれができにくくなる…というわけです。

基本の呼吸で横隔膜の本来の動きを取り戻すことで、徐々に肋骨の下のほうが締まり、くびれができやすくなります。

助骨の形をチェック!

助骨チェック

ここで、ご自身の肋骨の形をチェックしてみましょう。

胸の中心にある突起(剣状突起といいます)から、左右に広がる骨をたどってみましょう。これが肋骨の開きです。

胸の突起に、写真のようにノートの角をあててみてください。

赤いラインのノートの角(90度)よりも、骨が大きく広がっていたら、肋骨が開きくびれができにくい状態であると言えます。

このチェック方法で、肋骨が開いた状態だった方は、早速くびれをつくる呼吸法を取り入れてみましょう。

なお、下のインスタグラム2枚めにある画像は、私の肋骨の変化です。横隔膜を使う呼吸をするようになり、肋骨の形が変わりくびれができました。

https://www.instagram.com/p/CcRbv8fvH0r/

寝たままできる!くびれをつくる呼吸法

この呼吸法は、肋骨の下の部分が動かないように固定して呼吸することで、動きが悪くなっている横隔膜をしっかり動かしていきます。

1) 仰向けに寝て、両手は肩の横に広げる。両手は天井に向ける。膝を立て右脚を左脚の膝に引っ掛ける

エクササイズ

2) 両側の肩甲骨が床から離れないように、へそから下を左側にひねる。

エクササイズ

3) 息を吸い、胸に空気を入れる。吐く時にへそから下をさらにひねる。この時も、両側の肩甲骨が離れないようにする。

4) ゆっくり10呼吸、ひねりを深めながら続ける。

5) 脚を組み替えて反対側も10呼吸する。

このエクササイズは動画でもご紹介しています。ぜひ試してくださいね。

深い呼吸で、快眠も叶う◎

この呼吸法は寝たままできるので、朝起きた時や夜寝る前、ベッドの中でおこなうのもよいでしょう。

呼吸が深くなるので、朝はしっかり目が覚め、夜はよく眠れるようになる方が多いですよ。

***

3回にわたりお送りしてきた「読むボディメイク」は今回で最終回です。

ご紹介したエクササイズは、どれも簡単にできてキツくないものばかり。体重に左右されずに美しいボディラインを手に入れることができるボディメイクです。

100人いれば体も100とおりあります。

骨格から体を整えることで、あるべきところに筋肉がつき、体の正しい使い方がわかり、それぞれの体に合った美しいボディラインと、痛みのない快適な体を手に入れられます。

ご興味のある方は、ぜひ、私が主催する朝のオンラインレッスン「早起きボディメイク」にご参加ください!

お読みいただきありがとうございました。

齋藤美紀子さん

【こちらもおすすめ】1日3分「小尻メイク」骨格エクササイズ

小尻エクササイズ

お尻はもっと小さくなる!1日3分「小尻メイク」骨格エクササイズ >> https://asajikan.jp/article/226066

1日3分で変わる!横向きに寝て行う「小尻」を作るエクササイズをご紹介しています♪

このコラムを届けてくれた朝美人アンバサダーさん

齋藤美紀子さん

齋藤美紀子さん(ボディメイクトレーナー)

朝5:30~6:00のオンラインレッスン「早起きボディメイク」を主宰しています。骨から整えるボディメイクスペシャリストです。

朝、美姿勢スイッチを押すことで、日中も姿勢を意識しやすくなり、日常生活そのものがトレーニングになります!早起きボディメイクを通して、心、体、時間の使い方だけでなく、暮らしそのものを整える習慣づくりのお手伝いをしています。

■Instagram: @mikikosaito.bodymake

朝美人アンバサダー2022のみなさんのプロフィールはこちら >>(https://asajikan.jp/ambassador_2022 

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

朝美人アンバサダー「スペシャル連載コラム」

朝美人アンバサダーさんによる短期連載コラム♪
Written by

朝美人アンバサダー

朝って、いいな♪」を合言葉に、朝の過ごし方や楽しみ方を発信してくれている、公式「朝美人アンバサダー」のみなさん。「お気に入りの朝の過ごし方」は、人によってそれぞれ。気になるアンバサダーの方がいたら、ぜひブログやSNSもチェックしてみてください。プロフィール一覧はこちら

連載記事一覧

朝美人スタイルの人気ランキング