おせちの余りをリメイク!簡単「黒豆のパウンドケーキ」

 

皆さま、あけましておめでとうございます。料理家の村山瑛子です。

今年も手軽に作れておいしい朝ごはんレシピをお届けします。どうぞよろしくお願いいたします。

さて、新年最初にご紹介するレシピは、おせちの人気メニュー「黒豆」を使った「パウンドケーキ」です。

朝食にはもちろん、たくさんの人が集まるお正月に作っておけば、ちょっとしたお茶菓子にもなってきっと喜ばれるはず。

パウンドケーキはハンドミキサーを使わずとも、分量の法則を覚えておけばすぐに作れます。お子さんと一緒に作っても楽しいですよ♪

おせちの余りをリメイク!簡単「黒豆のパウンドケーキ」

黒豆のパウンドケーキ

材料(パウンド型1つ分)

  • 黒豆 120g(水気をしっかり切ったもの)
  • クリームチーズ 40g
  • 薄力粉 100g
  • 卵 2個分
  • バター 100g
  • 砂糖(今回はきび糖を使いました) 90g
  • ベーキングパウダー 小さじ1/2

※パウンドケーキの生地は卵2個と同じ重量の薄力粉、砂糖、バター、そしてベーキングパウダー小さじ1/2と覚えておくといいですよ。

今回は黒豆が入るので、砂糖は同量よりも少なめにしています。基本の分量を覚えておけば、バナナを入れたり、チョコ、ナッツを加えたりと、パウンドケーキのバリエーションは豊富に広がります!

作り方

【準備】

  • パウンド型にクッキングシートを敷く
  • オーブンは170度に温めておく
  • バターは柔らかくなるまで常温に戻す
  • 薄力粉はふるっておく
  • クリームチーズは1cm角に切る

1) 常温に戻したバターを泡立て器でよく混ぜ、フワッとしたら砂糖を加えてさらに混ぜる。

2) 溶きほぐした卵を(1)に数回に分けて少量ずつ(※)加えて、その都度よく混ぜる。

※最初は大さじ1くらいから。徐々に加える分量を多くしましょう。もし分離してしまったら、材料の薄力粉を大さじ1ほど加えて混ぜればOK!

パウンドケーキの生地

3) ふるった薄力粉、ベーキングパウダーを加えてゴムベラでさっくり混ぜる。

※粉を入れたら練るようにぐるぐる混ぜず、ゴムベラで切るように混ぜましょう

4) 黒豆、クリームチーズを加えてさっと混ぜたらパウンド型に流す。

パウンドケーキの生地

型ごと持ち上げて20cmほどの高さから優しく落とし、空気を抜く。

パウンド

5) 170度のオーブンで30〜40分加熱して、竹串を刺してみて生地がつかなくなれば、型から外して粗熱をとる。

***

いかがですか?できたて熱々でも食べられますが、一晩置くと味がなじんで、より一層おいしくなりますよ。

抹茶を生地に加えるアレンジもgood◎ぜひいろいろな材料と一緒にアレンジしてみてください!

★最新情報を随時更新中!村山瑛子 公式Instagram:@murayamaeiko

☆この連載は【毎週火曜日】更新です。次回もどうぞお楽しみに!

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

朝食女子のための基本レッスン

朝ごはんメニューを美味しく作る”基本”
Written by

料理家 村山瑛子

(料理家・フードコーディネーター)
新潟県出身。女子栄養大学食文化栄養学科卒業後料理家のアシスタントに就め独立。「料理って簡単!食卓って楽しい!」をモットーに雑誌などのレシピ提供やスタイリング・番組制作などに携わり活躍中。代官山にあるLatelier de SHIORIのビギナーレッスンを担当する。著書に「手抜きでサクッと♡イイ女ごはん」がある。【ホームページ】http://www.murayamaeiko.com  【instagram】 https://www.instagram.com/murayamaeiko/

連載記事一覧

朝ごはんの人気ランキング