ちゃんと知ってる!?「元日」と「元旦」の違い

 

1月1日:今日は「元日」

みなさま、明けましておめでとうございます。2021年は、このコラムをお読みいただき本当にありがとうございました!2022年はもっと興味を持っていただけるような雑学をお届けできるよう、精いっぱい努力してまいります。引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

さて、今日は「元日」(がんじつ)。でも、「元旦」(がんたん)とも言いますよね。これって、どういう違いがあるんでしょう?早速調べてみました。

同じようで微妙に違う、「元日」と「元旦」

実は、別の意味を持つ2つの言葉。

「元日」が1月1日そのものを指すのに対し、「元旦」は1月1日の午前中を指すのだそうです。つまり、1月1日の午後になってしまったら「元旦」という表現はおかしくなってしまうのですね。

年賀状には「元日」「元旦」どっちを書くのが良い?

ということは、年賀状に記載する場合は「元日」「元旦」どちらが適しているのでしょうか?

これに関しては諸説あるようですが、最近ではどちらでも良い、という流れになってきているようです。ただ、投函が遅れた場合などは、「元日」「元旦」とは書かずに、「正月」「新春」などの表記をおすすめします。

 

いかがでしたか?同じようで違う、「元日」と「元旦」。今後、使う際はちょっとだけ意識してみてくださいね。

「元日」とは?

「新しい希望と決意とをもって新しい年のはじめを祝う日」とする国民の祝日のひとつ。最も大切な年中行事であるお正月は、元旦に門松で年神様を迎え、井戸から若水を汲んで供え、雑煮やおせち料理を食べて祝う。この習慣は江戸時代からあった。

出典:一般社団法人 日本記念日協会ホームページ <https://www.kinenbi.gr.jp/>

★この連載は毎朝更新します。明日もどうぞお楽しみに!

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

雑学コラム「今日は何の日?」

「今日は○○の日」にまつわるデイリーコラム♪会話のキッカケとなるような雑学やネタをご紹介します。
Written by

林 美帆子

会社員をしながらライターとして活動しています。数年前、仕事のストレスで心身のバランスを崩したことがきっかけで朝型生活にシフト。体質改善や転職に成功し、すっかり朝型生活のとりこになりました。最近お気に入りの朝時間の過ごし方は、マインドフルネス瞑想をすること。週末には都内の朝カフェ巡りもしています。朝時間を丁寧に過ごすと、その日1日がより豊かなものになる。ということを、多くの方に広めていきたいです。
【Instagram】https://www.instagram.com/miho333
【ブログ】https://ameblo.jp/cheerful32/

連載記事一覧

今日の朝の人気ランキング