気が進まない「やらなきゃ」を「やりたい!」に変えるノートの書き方

 

「朝活手帳」の著者 池田千恵さんの連載「朝ノートで作る!マイストーリーの育て方」では、朝時間を活用して人生を変えた池田さんに朝時間×ノートの使い方、考え方をご紹介いただきます。ノートを用意して、一緒に朝ノート習慣をはじめませんか?

第18回:やりたいことを全部やるための「朝ノート」って?(後編)

おはようございます!朝イチ業務改革コンサルタントの池田千恵です。

この連載では、朝時間でノートに自分の過去(自分が紡いできた物語)や未来(これから紡ぐ物語)を描くことで、小さいころからの夢やワクワク、興味の向かう先を思いだし、未来の夢につながる「道しるべ」を見つける方法を紹介します。

前編の記事『連休中やりたいことを全部やるなら!「朝ノート」に書きたいこと』( https://asajikan.jp/article/201740 )では、「連休中にやりたいことリスト」の書き方と、Have to=やらなきゃと、Want=やりたいの見極め方について解説しました

後編では、「連休中にやりたいことリスト」の中でも、「Have to=やらなきゃ」寄りの「やりたいこと」を、どうしたらモチベーション高く実践できるかについて解説します。



「しなきゃ」を「したい!」と、どうしたら思えるか?

まずは「連休中にやりたいことリスト」を書いて、内容を見極める手順をおさらいしましょう。

1. ノートの左に「連休中にやりたいことリスト」を書きます

2. やりたいことの右側に「なんで?」の理由を書きます

3. 「なんで?」の理由がポジティブ寄りならWant、ネガティブ寄りならHave toです

「連休中にやりたいことリスト」のWant(=楽しいこと、心からやりたいこと)だけを全部やる!と決めてしまえば、Wantはラクなので「計画していたのにできなかった….」という事態にはなりません。

とはいえ、将来のためにどうしてもやらなきゃいけないこともありますよね。それがHave to寄りの「やりたい」です。油断すると先にばしにしがちなこのHave toどうしたらWant化できるかを考えてみましょう。

終わった後の気持ちをワクワク想像してみよう!

喜ぶ女性

例えば「仕事の一環で、どうしても資格試験に合格しなきゃいけない。そのためには連休中は勉強しないといけない」という場合を考えてみましょう。

「勉強しないと!」と力が入ってしまうと、つい目先の楽しいことに目を奪われて後回しにしがちです。

そんなときは、資格試験に合格した後に得られる嬉しいことを数えて、Have to→Wantに書き換えてみましょう。例えば「勉強する」「試験に合格する」はHave toですが、それに付随する次のようなものはWantではないでしょうか。

  • 努力の成果が目に見えたら楽しい(Want)
  • 給料アップさせたい(Want)
  • 自分の時間を増やしたい(Want)
  • 決済権をもらって自由に仕事がしたい(Want)
  • 今後副業でも活用したい!(Want)

目の前の勉強は大変でも、その先を見つめると、実はWantがたくさん見つかることに気づくでしょう。

やりたい、やらなきゃ、と頭では分かっていても気が重くなってしまう…そんなときは、達成後、具体的にどんな良いことがあるかをイメージすると、俄然やる気がでてきます。

そのやる気を味方につけて、Have toを実践することで、連休最終日に「なんだかいつのまに時間が過ぎて消化不良」という事態とはサヨナラできますよ!早速実践してみてくださいね。

ノートや文具

☆本連載は毎月1日・2日の公開です。

☆前編 『連休中やりたいことを全部やるなら!「朝ノート」に書きたいこと』 >> https://asajikan.jp/article/201740

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

朝ノートで作る!マイストーリーの育て方

Written by

池田千恵

株式会社朝6時 代表取締役。朝イチ業務改善コンサルタント。慶応義塾大学卒業。外食企業、外資系企業を経て現職。企業の朝イチ仕事改善、生産性向上の仕組みを構築しているほか、個人に向けては朝活でキャリア迷子から抜け出すためのコミュニティ「朝キャリ」(https://ikedachie.com/course/salon/を主宰。10年連続プロデュースの「朝活手帳」など著書多数。

連載記事一覧

朝美人スタイルの人気ランキング

  • 無料アプリ
  • 無料アプリでもっと便利に♪

    レシピや記事をお気に入り機能で保存

    最新の人気記事が毎日届くから見逃さない