猫背を立て直す!正しい姿勢美人になる「ハムストリング」ストレッチ

 

おはようございます。ヨガインストラクターの高木沙織です。

朝、身支度をしながら鏡を見たときや、窓ガラスにふと映る姿を見たとき。自分が思っている以上に背中が丸まって、さらにはひざまで曲がっていた…衝撃的な「猫背な自分」に気がついて、驚いたりショックをうけた経験はありませんか?

今日は不格好な猫背を直す効果のある、ちょっと意外なパーツのストレッチをご紹介します。

太もも裏の「ハムストリング」を伸ばして猫背を解消!

太ももの裏側にある「ハムストリング(大腿二頭筋・半腱様筋・半膜様筋)」はもともと縮みやすい筋肉。この部分が縮まってさらには柔軟性が低下すると、骨盤が後傾して猫背になり、ひざが曲がった姿勢になりやすいと言われています。

脚を真っすぐ伸ばした姿勢で座るとしんどい方や前屈が苦手な方は、このハムストリングが硬くなっているかも。心当たりがある人は、このハムストリングを伸ばすストレッチを朝時間に取り入れてみてください。

正しい姿勢美人になる「ハムストリング」ストレッチ

(1)仰向けになり、ひざを立てる

正しい姿勢美人になる「ハムストリング」ストレッチ

(2)右脚を胸の前に引き寄せ、両手は太ももの裏におき指を組む

正しい姿勢美人になる「ハムストリング」ストレッチ

(3)左脚を床から持ち上げてひざを外に開き、足首を右ひざに引っかけ、90秒以上キープする

正しい姿勢美人になる「ハムストリング」ストレッチ

※左のハムストリングが気持ちよく伸びるところを探して足の高さ・角度を調整しましょう

※上体を軽く起こしてから左足首を右ひざに乗せるとやりやすくなります

※この姿勢がつらい場合…タオルを右ふとももの裏にかけて、その端を手でつかむか、腰の下にブランケットを敷いて行いましょう

(4)(1)の姿勢に戻り、反対側も同様におこなう

太ももを自分のほうにしっかりと引き寄せると、反対側のハムストリングがストレッチされやすくなります。

ハムストリングが硬いから猫背になる、猫背だからハムストリングが硬くなる…このどちらも言えることです。朝のストレッチ(もちろん夜でもOK)を取り入れて、しなかやなハムストリングでシュッと美しい姿勢を目指しませんか。

いつも通り、身体に痛みや違和感がある人は無理におこなわないでくださいね。それでは今日もよい1日を!

☆この連載は<毎週金曜日>に更新します。来週もどうぞお楽しみに…!

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

すっきりキレイ♪朝のビューティーストレッチ

人気ヨガインストラクターに教わる、キレイになる朝のストレッチ♪
Written by

ヨガ講師 高木沙織

ヨガインストラクター。

「美」と「健康」には密接な関係があることから、インナービューティー・アウタービューティーの両方からアプローチ。ヨガインストラクターとしては、骨盤ヨガや産前産後ヨガ、筋膜リリースヨガ、体幹トレーニングに特化したクラスなどボディメイクをサポートし、野菜や果物、雑穀に関する資格も複数所有。”スーパーフード”においては難関のスーパーフードエキスパートの資格を持つ。

ボディメイクや食に関する記事執筆・イベントをおこない、多角的なサポートを得意とする。2018~2019年にはヨガの2大イベントである『yoga fest』『YOGA JAPAN』でのクラスも担当。産前産後ヨガインストラクター資格、Core Power Yoga CPY®、筋膜リリースヨガインストラクター資格を保有。

連載記事一覧

ヘルス&ビューティーの人気ランキング