ご飯が進む味!「鶏れんこん梅みそ焼き」「野菜レンジおかか和え」2品弁当

 

みなさま、おはようございます。料理研究家の「かめ代。」です。

心が楽になる2品弁当、連載第54回目の2品弁当は

  • 鶏れんこんの梅みそ焼き
  • 野菜のおかか和え

をご紹介します。

食欲の出ない残暑には、さっぱりとした梅風味がぴったり。みそのコクが加わって、ご飯にもとてもよく合うメインおかずです。副菜は定番のおかか和えに。冷蔵庫の残り野菜で作りやすい和の2品弁当です。

ご飯が進む味!「鶏れんこん梅みそ焼き」「野菜レンジおかか和え」2品弁当

ご飯が進む味!「鶏れんこん梅みそ焼き」「野菜のレンジおかか和え」2品弁当

1品目 鶏れんこんの梅みそ焼き

(材料)1人分

  • 鶏もも肉 100g
  • 塩 少々
  • 酒 小さじ1
  • かたくり粉 大さじ1/2
  • れんこん 50g
  • ごま油 小さじ1
  • (A)梅干し 中1個 ※種を出して手でちぎる
  • (A)味噌 小さじ1
  • (A)みりん 小さじ1
  • (A)水 小さじ1
  • (A)砂糖 小さじ1/2

(作り方)

1) 鶏もも肉は、ひと口大に切り、塩と酒をもみ込む。(A)は合わせておく。れんこんは皮をむき、7mm幅程度の半月切りにする。

2) フライパンに油を入れて中火で熱し、(1)の鶏肉にかたくり粉をまぶして、皮目を下にして入れる。

鶏もも肉

3) 空いているところにれんこんを入れ、ふたをして3分程度、鶏の皮目がカリッと焼けるまで火を通す。全体を裏返してもう片面も焼き、キッチンペーパーで余分な油をしっかりとふきとる。

鶏もも肉

※こげつかない加工をされた直径20cmのフライパン使用。ふたも必要です
※ここで油が残っているとタレが肉にのらないのでしっかりとふきとってください

4) 混ぜ合わせた(A)を回し入れ、裏返しながら両面にたれをしっかりとからめ、汁気を炒りとばす。

鶏ももれんこんおかず

2品目 野菜のおかか和え

(材料)1人分

  • ピーマン 2個
  • にんじん 2cm程度
  • かぼちゃ 30g程度
  • ごま油 小さじ1/2
  • しょうゆ 小さじ1
  • かつおぶし 小1パック

(作り方)

1) ピーマンは乱切りに、にんじんは半月切りに、かぼちゃは1cm厚さに切る。耐熱容器に入れてごま油をからめる。

※野菜はあるものでアレンジ可能です。合計100g程度を目安にしてください

野菜のおかか和え

2) 蓋をして、電子レンジで2分加熱する。

※蓋をしたままレンジ加熱できる容器(容量850ml・レンジ加熱温度500w)を使用しています

野菜のおかか和え

3) 全体を混ぜてしょうゆをからめる。かつおぶしを入れて和える。

野菜のおかか和え

※水分が残る場合は、かつおぶしの量を増やし、水分を吸わせてください。

*******

2品弁当の詰め方プロセス

1) ご飯を弁当箱に入れて冷ましておく。鶏れんこんを入れるところは1cm程度低くご飯を入れ、のりを置く。副菜を入れるところは空けておく。

※冷ます時には割りばし等の上に弁当箱を置いて、底を浮かせると下にも空気が通り、早く冷めます

2品弁当の詰め方

2) 海苔の上に鶏れんこんをのせる。

2品弁当の詰め方

3) 空いたところに副菜を詰める。

2品弁当の詰め方

4) ご飯にいりごまを散らす。

※分量外の材料(ご飯1人分、いりごま)

*****

今週の「心が楽になる2品弁当」はいかがでしたか?梅みそ味は、ちょっと食欲のない時に重宝する味付けです。梅干しは塩分量が色々ですので、お好みで調整してください。

秋になると、根菜が美味しくなってきますね。鶏だけだとちょっとボリュームが足りない時も、れんこんなどの食べ応えもある根菜を取り入れると、食感も加わり満足感がでます。

毎日のお弁当作り。心を楽に。2品弁当を楽しんでください。

******

「心が楽になる2品弁当」のルール

  • おかずは2品だけ
  • 詰め方も簡単に。紙カップは使わない
  • 市販の調味料やあしらいものは常備して利用
  • 2品で朝15分以内に完成する簡単美味しいお弁当

******

料理研究家 かめ代。

公式ブログ かめ代のおうちでごはん。http://kameyogohan.blog.jp/

☆この連載は<毎週日曜日>に更新します。来週もどうぞお楽しみに…!

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

忙しい朝でも作れる♪「心が楽になる2品弁当」

楽な心で作ろう!忙しい朝でもできる「2品」でおいしいお弁当レシピ♪
Written by

料理家 かめ代。

料理家。長年高校生に家庭科を教えていた経験から作りやすくわかりやすいレシピが人気。家庭の優しい味付けに「安心してつくれる」というファンが多い。著書に「お弁当は野菜のおかず作りから」「忙し女子のための料理上手になるらくちん弁当」(イカロス出版)他多数。
ブログ「かめ代のおうちでごはん。

連載記事一覧

朝ごはんの人気ランキング