たまらない美味しさ!「梅ひじきつくね」「菜の花と卵炒め」2品弁当

 

みなさま、おはようございます。料理研究家の「かめ代」です。

心が楽になる2品弁当。連載第29回目の2品弁当は

  • 梅ひじきのつくね
  • 菜の花と卵の炒めもの

のレシピをご紹介します。

粗く手でちぎった梅干しとひじきの組み合わせは、風味たっぷり!かみしめると粗くほぐした梅の酸味がキュッとして、たまらない美味しさなんですよ。

副菜には、季節の菜の花を卵の炒めものを。お弁当がパッと華やぐ2品です。

たまらない美味しさ!「梅ひじきつくね」「菜の花と卵炒め」2品弁当

たまらない美味しさ!「梅ひじきつくね」「菜の花と卵炒め」2品弁当

1品目 梅ひじきのつくね

(材料)1人分

  • 鶏ひき肉 100g
  • (A)塩 少々
  • (A)酒 小さじ1
  • (A)かたくり粉 小さじ1
  • 梅干し 1個(手で粗くちぎる) ※量は調整してください
  • 玉ねぎ 1/8個(25g)
  • ひじき 大さじ1
  • 大葉 1枚
  • 油 小さじ1
  • (B)しょうゆ 小さじ1
  • (B)みりん 小さじ1
  • (B)水 小さじ1

(作り方)

1) 玉ねぎはみじんに、大葉は1cm角に切って、梅干しは手でちぎる。ひじきは洗って水に5分程度つけて戻し、水気を切る。

※ひじきは少量なので、洗うのも水切りも、茶こしを使うのがおすすめです

ひじき

2) ボウルに鶏ひき肉と(A)を入れて練り、(1)を加えて混ぜる。直径4cm程度のハンバーグ型に成形する。

梅ひじきつくね

3) フライパンに油を入れて中火で熱し、(2)を並べ入れる。

梅ひじきつくね

4) 蓋をして2分程度、裏返してもう片面も焼き、キッチンペーパーで余分な油をしっかりとふきとる。

梅ひじきつくね

※今回はこげつかない加工の、直径20cmのフライパンを使用しました。ふたがあるフライパンを使ってください

※ここで油が残っているとタレが肉にのらないので、しっかりとふきとってください

5) 混ぜ合わせた(B)を回し入れ、裏返しながら汁気がなくなるまで両面にたれをしっかりとからめる。

梅ひじきつくね

2品目 菜の花と卵の炒めもの

(材料)1人分

  • 菜の花 50g
  • (A)卵 1個
  • (A)塩 少々
  • (A)水 大さじ1
  • 塩、黒こしょう 適量
  • オリーブ油 小さじ1

(作り方)

1) 菜の花は軽く塩茹で(水と塩は分量外)して水気を切り、3cm幅に切る。切ってからさらに紙タオルで水気をとる。

菜の花

2)  ボウルに(A)を入れて溶きほぐす。フライパンに油を入れて流し入れ、ヘラで大きく混ぜて炒り卵を作る。

炒り卵

3) 塩ゆでした菜の花を入れ(茎の部分は軽く炒めて。つぼみを入れたらすぐに火をとめます)、塩とこしょうで味を調える。

2品弁当の詰め方プロセス

1) ごはんを弁当箱に入れて冷ましておく。つくねを入れる場所は、ごはんを1cm程度低くして、ちぎった海苔をのせる。

※冷ます時には割りばしや畳んだペーパーや小さな器等の上に弁当箱を置いて、底を浮かせると下にも空気が通り、早く冷めます

2品弁当の詰め方プロセス

2) 海苔の上につくねをのせる。

2品弁当の詰め方プロセス

3) 空いたところに、副菜をつめる。ご飯の上に昆布の佃煮をのせていりごまをちらす。

2品弁当の詰め方プロセス

※分量外の材料(ごはん1人分、昆布の佃煮、いりごま)

*****

今週の「心が楽になる2品弁当」はいかがでしたか?梅の酸味がたまらないつくねと春の菜の花。2品ですが、しっかり「ごちそう」感があるお弁当です。

毎日のお弁当作り。心を楽に。2品弁当を楽しんでください。

******

「心が楽になる2品弁当」のルール

  • おかずは2品だけ
  • 詰め方も簡単に。紙カップは使わない
  • 市販の調味料やあしらいものは常備して利用
  • 2品で朝15分以内に完成する簡単美味しいお弁当

******

料理研究家 かめ代

公式ブログ かめ代のおうちでごはん。http://kameyogohan.blog.jp/

☆この連載は<毎週日曜日>に更新します。来週もどうぞお楽しみに…!

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

忙し女子でも作れる!簡単お弁当レッスン

手間はかからずに、手軽に栄養のとれるおいしいお弁当の作り方&レシピ
Written by

料理研究家 かめ代

料理研究家。長年高校生に家庭科を教えていた経験から作りやすくわかりやすいレシピが人気。家庭の優しい味付けに「安心してつくれる」というファンが多い。現在は、WEBや雑誌の連載、企業へのレシピ提供等多方面で活動中。著書に「お弁当は野菜のおかず作りから」(イカロス出版)、「ホットプレート黄金レシピ」(イカロス出版)他。
ブログ「かめ代のおうちでごはん。

連載記事一覧

朝ごはんの人気ランキング