夏の肌ダメージを挽回!高コスパ「無印良品ホホバオイル&ミルク」スキンケア術

 

おはようございます。大阪でエステサロン「private salon Laule’a」を経営する、美容家の寒川あゆみです。

暑い夏が終わりに近づき、紫外線量が減ったからとお肌のお手入れに気を抜いていませんか?夏から秋の季節の変わり目は、真夏の紫外線によって受けたダメージに対するケアが重要です。

今日は、秋先に感じやすい「乾燥」「ゴワつき」「くすみ」「毛穴つまり」などの夏ダメージを「無印良品」の人気アイテムを使ってケアする方法をお伝えします。

肌老化を加速させる!紫外線、日焼け、エアコンによるダメージとは

肌荒れが気になる女性

「この夏は室内にいる時間が長かったはずなのに、いつの間にか肌が焼けていた」「毎日扇風機やエアコンの風を浴びたせいで、乾燥が気になる…」など、肌ダメージを感じている方も多いのでは?

夏の紫外線によって受けるダメージは、目に見える日焼けだけではありません。細胞がダメージを受けて肌のターンオーバーの乱れやすくなることで、乾燥やゴワつき、毛穴のつまりを感じたり、メラニンの増殖によってくすみやシミができる危険があります。

また、扇風機やエアコンの風を浴び続けていた場合、肌表面や内部の水分が奪われ乾燥が加速。追い打ちをかけるようにターンオーバーがさらに乱れやすくなります。

紫外線やエアコンが原因の夏の肌トラブルを放置したまま秋冬を迎えると、肌の老化を加速させる原因に。今の時期に、しっかりケアしておきましょう!

夏の肌ダメージを挽回!高コスパ「無印良品ホホバオイル&保湿ミルク」活用スキンケア術

準備するものは無印良品の保湿ミルクとホホバオイル。ほかは手持ちのスキンケアアイテムを使ってください。

高コスパ「無印良品ホホバオイル&保湿ミルク」

1. クレンジング、洗顔でメイクや皮脂汚れを落とす。

2. コットンに化粧水をたっぷり含ませて、軽く押すように水分を肌にたっぷりしみこませる。

扇風機やエアコンを浴びていると肌の表面や内部は水分不足でカサカサの砂漠状態。化粧水を何度も重ねて水分量を高めます。

スキンケアする寒川さん

3. 毛穴のつまりや黒ずんだ鼻が気になる場合は、ホホバオイルを手に取り、毛穴部分をやさしくクルクルとマッサージします。

ホホバオイルスキンケア

毛穴トラブルのある肌は、水分と油分バランスが崩れて毛穴の汚れを押し出す力が弱くなっています。オイルマッサージでほぐすことで汚れが浮きやすくなります。

小鼻マッサージする寒川さん

4. 次に、100円玉ほどの量の保湿ミルクとホホバオイル3滴を手のひらで混ぜます。

ホホバオイルと保湿ミルク

手のひらにさっと広げ、顔に密着させてハンドプレスしながら、しっかりなじませます。

スキンケアする寒川さん

肌表面の乾燥やゴワつき、くすみが気になる方は、水分も油分も不足気味。化粧水で水分をたっぷりいれたあと、乳液とホホバの油分で肌キメをふっくらさせることで、肌がしっとりやわらかくなりますよ!

スキンケアビフォーアフター

上の写真のように、スキンケア前は白っぽくくすみが目立ち、頬やあご周りがカサカサ&鼻周りはザラザラでしたが、水分をたっぷりなじませてミルクとホホバを重ねたところ血色が良くなり、お肌がしっとりやわらかくなりました。

乾燥のせいでファンデーションの密着度やなじみが悪くなっていた肌も、このミルク&ホホバのケアでファンデがピタッとつくような、メイクのりがアップする変化も期待できますよ!

夏の終わりの乾燥やゴワつき、くすみ、毛穴つまりを感じる肌に、無印良品の人気アイテムを使ったスキンケアをぜひ取り入れてみてください♪

☆この連載は<木曜日>に更新します。次回もどうぞお楽しみに…!

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

キレイに自信がつく♪朝の自分磨きレッスン

美容家さんに教わる♪朝のおすすめコスメ&美容レッスン
Written by

美容家 寒川あゆみ

大阪 谷町九丁目エステサロン private salon Laule’a代表。
自身の悩みから美容に興味を持ち、エステティックの道へ。サロンワークのほか、美容ライターや講師、美容家として幅広く活動中。

ホームページ:https://aymstory.wixsite.com/ayumisougawa
blog:http://www.beautylaulea.com
Instagram:@laulea.beauty

連載記事一覧

ヘルス&ビューティーの人気ランキング