“see eye to eye(目と目を見る)”ってどんな意味?

 

毎週水・金曜日更新!通訳者・翻訳者をネットワークするテンナイン・コミュニケーションとのコラボ連載「通訳者さんに教わる♪朝のカンタン英語レッスン」。水曜日は、英語や海外に関するトピックをご紹介します♪ 

見つめ合う

“see eye to eye(目と目を見る)”ってどんな意味?

ネイティブがよく使う英語表現のひとつに

see eye to eye

があります。これは、直訳すると「お互いの目を見る」という意味ですが

see eye to eye=「意見が一致する」

という意味のフレーズです。

例) Maggie and John never see eye to eye. They’re always fighting.(=マギーとジョンの意見は決して一致しない。彼らはいつも口論している)

例) Germany and Italy did not see eye to eye on the issue.(=ドイツとイタリアはその問題で見解が一致しなかった)

通常、このように、否定形で使うことが多い表現です。

なお、余談ですが、物理的に誰かと目を合わせる場合は

make eye contact with ~=「~と目を合わせる」

などと表現できます。

例) When you give a presentation, you should make eye contact with the audience.(=プレゼンをする時は、聴衆の目を見るべきです)

欧米では、目を見て話すことがとても大切であると考えられています。「目を見ること」にまつわる2つの言い回しを、ぜひ覚えておいてください^^

(記事協力:テンナイン・コミュニケーション

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

通訳者さんに教わる♪朝のカンタン英語レッスン

通訳者さんがわかりやすく教えてくれる朝の英語レッスン♪
Written by

テンナイン・コミュニケーション

9000名以上の通訳者・翻訳者をネットワークする通訳エージェント「テンナイン・コミュニケーション」。大手外資系企業や日系企業へ通訳者を派遣。通訳者の育成にも力を入れる。

◆【NEW!】英語でのコミュニケーション力を最短1ヶ月で強化!通訳エージェントが
開発したビジネスパーソン向け英語プログラム「One Month Program」:
https://www.ten-nine.co.jp/onemonthprogram/

◆【NEW!】1ヶ月でTOEIC(r)750点を目指す短期集中TOEIC®特化型プログラム「One MonthProgram TOEIC®」:https://www.ten-nine.co.jp/onemonth-toeic/

◆テンナイン・コミュニケーション:http://www.ten-nine.co.jp/

◆「英語で仕事をする人の応援サイト Hi!Career」:https://www.hicareer.jp/

連載記事一覧

今日の朝の人気ランキング