風邪ウイルスの侵入を防ぐ!「ビタミンA」たっぷり朝食レシピ5選

 

空気が乾燥して、気温が低くなってくると、気をつけたいのが「風邪」や「インフルエンザ」

寒い年末年始〜春にかけて、毎日元気に過ごすためには、規則正しい生活を心がけつつ、日々の食事でしっかり栄養をとって、風邪をひかないカラダづくりをしたいもの。

今日は、のどの粘膜を強化してウイルスの侵入を防いだり、免疫力を高める効果があると言われる「ビタミンA」を含む食材を使った、ウイルスに負けない朝食レシピをご紹介します♪

【ほうれん草で】食パンがあれば簡単!「キッシュ風トースト」

真ん中をくり抜いた食パンに、卵、チーズ、牛乳、ベーコン、ほうれん草を混ぜた卵液を流し込みながらフライパンで焼くだけの、栄養満点「キッシュ風トースト」♪

具材に使ったほうれん草は、ビタミンAを豊富に含む野菜。特に冬のほうれん草は甘みがあっておいしいので、朝からしっかり楽しみたいもの!

トマト、コーン、アボカド、ハムなど、具材をアレンジすれば、いろいろな味わいを楽しめます◎

(1枚で栄養満点!食パンを使ってたったの10分「キッシュ風トースト」 by:パン・料理家 池田愛実さん)

詳しいレシピ>>

【かぼちゃで】優しい甘さ♪「パンプキンクリームスープ」

牛乳とコンソメスープで作るクリームスープは、かぼちゃととうもろこしの優しい甘さを楽しめる一品。

かぼちゃには、ビタミンAだけでなく血行を促進するビタミンEも含まれていて、寒い時期にぴったりな食材♪

ウインナーも入って食べごたえがあるので、トーストを添えるだけで立派な朝ごはんになりますよ◎

(とうもろこしとかぼちゃのとウインナーのクリームスープ by:mokaさん)

詳しいレシピ>>

【にらで】体あたたまる♪「にら玉うどん」

<ふんわり卵のにら玉うどん> by:はーい♪にゃん太のママさん

風邪予防に効果があるにらと卵を、あったかうどんと一緒にいただく、肌寒い朝に嬉しい朝ごはんレシピ。

めんつゆが煮立っているところに、溶いた卵をゆっくり円を描くように流し込んでくと、ふんわりかきたまに♪

冷凍うどんを使えば、さらに簡単&スピーディーに☆

(<ふんわり卵のにら玉うどん> by:はーい♪にゃん太のママさん)

詳しいレシピ>>

【にんじんで】炒めて栄養アップ!「にんじんしりしり」

たっぷり食べよう♪にんじんのホットサラダ by:ローズミントさん

にんじん、ツナ、卵を炒めて醤油で味付けした、にんじんしりしり。

ビタミンA豊富なにんじんは、皮付きのまま油で炒めることによって、無駄なくビタミンを摂取できて風邪予防効果が高まるそう♪

朝ごはんはもちろん、お弁当の「あと一品」にもおすすめのおかずです◎

(ポイントを押さえて綺麗に作るにんじんしりしり by:えつこさん)

詳しいレシピ>>

【小松菜で】体ポカポカ「鶏と小松菜の炊き込みご飯」

鶏と小松菜の炊き込みご飯。 by:まみこ。さん

ビタミンA、カルシウムを含む小松菜は、タンパク質豊富な鶏肉と一緒に炊き込みご飯に。

爽やかな風味の生姜をたっぷり加えれば、体がポカポカあったまりますよ♪

炒めたり、煮たりが多い小松菜料理の新しいレパートリーに加えてみてくださいね◎

(鶏と小松菜の炊き込みご飯。 by:まみこ。さん)

詳しいレシピ>>

いかがでしたか?

忙しい年末年始は特に、体調を万全に保ちたいもの。ビタミンAたっぷりの朝ごはんで、ウイルスに負けない体作りを心がけましょう!

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

みんなの朝時間.jpツイート

朝ごはんの人気ランキング