おいしさも栄養も◎!和洋中アレンジで楽しむ「さんま」朝食レシピ5選

 

太った身にしっかり脂がのっておいしい、秋を代表する味覚のひとつ「さんま」

さんまに含まれるDHAは、血液をサラサラにしたり記憶力を向上させる効果があると言われています。ただ美味しいだけじゃなくて、健康にも良いさんま。旬のうちにしっかり食べたいですよね!

今日は、和風、洋風、中華とアレンジして楽しむ、「さんま」を使った朝ごはんレシピをご紹介します。

炊飯器で簡単!「さんまとトマトの炊き込みご飯」

(秋刀魚とトマトの炊き込みご飯 by:食の組み合わせ薬膳料理研究家きょんちーさん)

軽く炙ったさんまと乱切りにしたトマトを具材に、炊飯器で炊く簡単炊き込みご飯。

さんまに含まれるビタミンA、トマトに含まれるビタミンCが一緒にとれるので、美容効果も◎

焼き魚にするとさんまのコラーゲンや脂が落ちてしまうので、栄養をまるごと摂りたい時は、成分が逃げない炊き飲みご飯などの料理法がおすすめだそう♪

(秋刀魚とトマトの炊き込みご飯 by:食の組み合わせ薬膳料理研究家きょんちーさん)

詳しいレシピ>>

子供も大好き!「さんまと野菜のカレー風味の煮物」

(カレー風味の秋刀魚と野菜の煮物 by:hannoahさん)

カレー粉や小麦粉をまぶして揚げ焼きにしたさんまと、かぼちゃ、茄子とササっと煮込んだ和風おかず。

子供も大人も大好きなカレー味とさんまの組み合わせは、ご飯が進む美味しさ♪

揚げた秋刀魚を煮汁に入れた後は、さっと煮るのがポイント!

(カレー風味の秋刀魚と野菜の煮物 by:hannoahさん)

詳しいレシピ>>

たっぷりヘルシー!「さんまときのこのトマト煮」

簡単ノンオイル☆さんま&きのこのトマト煮 byさちくっかりーさん

さんまときのこをノンオイルで煮込んだヘルシーなトマト煮。

食材を鍋で煮ている間に、朝の準備を済ませることが出来る忙しい時に助かるレシピ!

酸味が苦手な場合は、トマトの種を取ると酸味を抑えられるそうですよ♪

(簡単ノンオイル☆さんま&きのこのトマト煮 by:さちくっかりーさん)

詳しいレシピ>>

簡単中華おかず♪「青椒魚絲(ユーシャンロースー)」

青椒魚絲 byやまがたんさん

肉の代わりにさんまを使って作る、野菜たっぷりな中華おかず。

彩り、栄養ともにバランスよくお弁当おかずにもぴったり!

さんま以外の魚でも美味しくできるそうなので、基本を覚えておけば旬の魚でアレンジして、1年中楽しめそう♪

(青椒魚絲 by:やまがたんさん)

詳しいレシピ>>

味付け簡単♪「さんま&きのこの秋パスタ」

(さんま&きのこの秋パスタ♪低カロ・の巻 by:さちくっかりーさん)

めんつゆで味付けラクラク!きのこ×さんまのヘルシー和風パスタ。

さんまとオリーブオイル、アンチョビソースの相性ぴったりで、和風と洋風どちらでも美味しい一品!

お好みで万能ねぎや刻み海苔トッピングすると美味しさがアップするそうですよ♪

(さんま&きのこの秋パスタ♪低カロ・の巻 by:さちくっかりーさん)

詳しいレシピ>>

焼き魚や煮込み料理など、和風のイメージが強い「さんま」。実は、中華や洋風食材との相性も抜群なんですよ!

旬のさんまがお安く手に入ったら、秋の朝ごはんにぜひ試してみてくださいね♪

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

みんなの朝時間.jpツイート

朝ごはんの人気ランキング