BLOG

新米をもっとおいしく!簡単「自家製ごはんのお供」2レシピ

 

おはようございます!フードスタイリストの河合真由子です。

新米の季節。炊きたての白いごはん、あなたならどんな「お供」をあわせますか?

お気に入りのごはんのお供があれば、忙しい朝でも手軽に準備できて、朝ごはんがおいしく食べられるはず。今日は、手軽につくれるごはんのお供をご紹介します。

作り置きすれば便利!自家製ごはんのお供

ごはんのお供というと、何を思い浮かべますか?なめたけ、海苔の佃煮などの定番の市販品は、冷蔵庫にあると便利。でもごはんのお供は、市販品だけでなく、手作りでもつくれます。

前夜に作り置きしておけば、朝は並べるだけの手軽さ。また、旬の食材をつかったり、自分好みの味付けにすることができるのが自家製のいいところ。

自家製のごはんのお供があれば、毎日のごはんも飽きずに、おいしくいただけますね。

濃厚であと引くおいしさ!「豚みそ」

豚みそ

わたしがおすすめしたい一品めのごはんのお供は、 鹿児島県の郷土料理でもある豚みそです。わたしは、以前仕事で市販品を取り扱ったことがあり、そこから病みつきになりました。

家でも簡単につくれるので、まとめてつくっておくと便利ですよ。

【材料】

  • 豚バラ肉 180g
  • ねぎ  1/2本
  • おろし生姜 小さじ2
  • 味噌 大さじ2.5
  • 砂糖 大さじ2
  • 豆板醤 小さじ1/4

 

【作り方】

1) 豚バラ肉は細切りに、ねぎはみじん切りにする。

2) フライパンで豚肉と生姜を炒める。肉の色がかわったら、ねぎと調味料を加え全体を絡めて炒める。

 

豚みそは、ごはんのお供にはもちろんですが、カットした野菜につけて食べたり、トーストのっけて、チーズをのせて焼けば香ばしいピザトーストにもなります。

とにかく、アレンジがきく一品ですので、是非つくってみてください。

後味さっぱり「ねぎ塩鶏レモン」

ねぎ塩鶏レモン
次におすすめしたいのが、鶏ささみ肉をつかった、ねぎ塩だれでいただく一品。

レモンが効いたねぎ塩だれは、後味さっぱりであと引くおいしさ。お好みでラー油をかければ、ピリッとしたおいしさがやみつきになります。

【材料】

  • 鶏ささみ肉 160g
  • ねぎ 1/2本
  • サラダ油  大さじ2
  • 鶏ガラスープの素 小さじ1/2
  • レモン   1/2個
  • ラー油   適宜
  • 塩、胡椒
  • 片栗粉

【作り方】

1) 鶏ささみ肉は筋をとり、細切りにし、片栗粉を全体にまぶす。沸騰したお湯で茹でて粗熱をとる。ねぎはみじん切りにする。レモンは果汁を絞る。

2) フライパンにサラダ油を熱し、ねぎを炒める。鶏ガラスープの素、レモン汁を加えて全体をよく炒め、塩、胡椒を加え味を調える。鶏ささみ肉をあわせてひと混ぜし器に盛る。お好みでラー油を添える。

鶏ささみ肉は、片栗粉をまぶしてゆでることでしっとり口当たりがよく、たれの絡みもよくなります。また、食べごたえもあるので、これ一品で満足できます。鶏ひき肉でつくるとそぼろ風の一品になります。

いかがでしたか?

新米のおいしい季節。定番の海苔の佃煮などの市販品もおいしいですが、せっかくなら、うまみたっぷりな自家製のごはんのお供をつくってみませんか。

今年の新米は、是非、自家製のごはんのお供で、おいしくいただきませんか?

フードスタイリスト 河合 真由子

フードスタイリスト 河合真由子 オフィシャルサイトはこちら >> http://www.recipeoflife.jp

インスタグラムでは日々のコーヒーと朝ごはんを投稿中です >> https://www.instagram.com/kawaimayuko/

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

朝が楽しみになる!とっておきの朝食アイデア

公式ブログ
朝食会を主催するフードスタイリストが教えてくれる、とっておきの朝食アイデア♪
Written by

河合真由子

とっておきの朝食会オーガナイザー・フードスタイリスト

フードコーディネーター/フードスタイリスト。3年間朝の番組でのフードコーディネートを担当したことで、朝時間が充実すると、その日1日が充実することを実感。たくさんの人に、自分だけのとっておきの朝時間を過ごしてほしいという思いから、2015年より週末朝10時からはじめられる朝活を主催。

Blogはこちら >>
Instagramはこちら >>

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

朝美人スタイルの人気ランキング