夏のヘビロテおかずに決定!ご飯がすすむ甘辛味「ゴーヤの佃煮」

 

おはようございます!料理家の村山瑛子です。

今日は夏にぴったりな「ゴーヤの佃煮」をご紹介します。甘くてほろ苦くておいしいです!!

わたしはたっぷり作って、熱々ごはんにのせていただくのがオススメ。

暑い朝はそこに冷たいお茶をかけて、するするっといただくのも◎(^-^)

おにぎりやお弁当、そしてお父さんのお酒のおともにもぴったり♪ぜひお試しください!

夏のヘビロテおかずに決定!ご飯がすすむ甘辛味「ゴーヤの佃煮」

夏にぴったり!甘苦が美味しい!ご飯がすすむゴーヤの佃煮

材料(作りやすい分量)

  • ゴーヤ 2本
  • 生姜(せん切り) 1かけ
  • 昆布  5センチ角
  • 輪切り唐辛子 1本分
  • (A)醤油 大さじ4
  • (A)みりん 大さじ2
  • 砂糖 大さじ5
  • 酢 大さじ1
  • 白ごま 小さじ2
  • 鰹節 2g

作り方

1) (A)を合わせて昆布をつけておく。柔らかくなったら取り出して細切りにしておく。

2) ゴーヤは半分に切って種とワタをスプーンでかきだす。5mm~1cm幅に切り、塩小さじ1/2(※分量外)で揉んで5分置く。

※ゴーヤの幅はわざと大雑把に切るのがオススメ。食感や味の馴染み具合が違うのがおいしいんです!

3) ゴーヤは水でさっと洗って水気を絞る。鍋に(1)(2)の材料と生姜・輪切り唐辛子・砂糖を入れて火にかけ、煮汁がほとんどなくなるまで煮る。(煮汁が減ってくると焦げやすいので注意)酢・白ごま・鰹節を加えてさっと煮たら完成。

ポイント

  • お酢は酸味をつけるためではなく、全体の調味料をまとめて味にメリハリをつけるために使います。酢を加えてからは2分ほど煮て、酸味を飛ばしましょう。
  • ゴーヤが苦手な方は、塩で揉んでからさっと茹でると苦味が軽減されて食べやすいですよ!

ぜひ、お試しください!

☆この連載は<火曜日>に更新します。次回もどうぞお楽しみに…!

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

朝食女子のための基本レッスン

朝ごはんメニューを美味しく作る”基本”
Written by

料理家 村山瑛子

(料理家・フードコーディネーター)
新潟県出身。女子栄養大学食文化栄養学科卒業後料理家のアシスタントに就め独立。「料理って簡単!食卓って楽しい!」をモットーに雑誌などのレシピ提供やスタイリング・番組制作などに携わり活躍中。代官山にあるLatelier de SHIORIのビギナーレッスンを担当する。著書に「手抜きでサクッと♡イイ女ごはん」がある。【ホームページ】http://www.murayamaeiko.com  【instagram】 https://www.instagram.com/murayamaeiko/

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

朝ごはんの人気ランキング