炊きたて新米ごはんのお供に♪簡単おいしい「昆布とたらこの佃煮」

 

おはようございます!

10月に入り、ピカピカの「新米」が店頭に並び始めましたね。

わたしも先日、知り合いの農家さんからおすそわけをいただきました。いただいた新米は、最初は炊きたてをシンプルに、お味噌汁・お漬け物・ちょっとした「ごはんのお供」と味わいます。これが最高に幸せなんです♪

今日は、そんな新米が美味しい秋に作りたいごはんのお供のひとつ「昆布とたらこの佃煮」をご紹介しますね。

昆布は一度水に浸して戻していますが、だしがらを使っても大丈夫!特にこれからのシーズンは鍋料理に使った昆布を活用しても◎ですよ(^-^)

炊きたて新米ごはんのお供に♪簡単おいしい「昆布とたらこの佃煮」

炊きたて新米ごはんのお供に♪簡単おいしい「昆布とたらこの佃煮」

材料(作りやすい分量)

  • 昆布     25g(戻したものなら75g)
  • たらこ   小1/2腹(一本または皮をとってほぐしたものを小さじ4)
  • (A)醤油    大さじ2
  • (A)みりん   大さじ2と1/2
  • (A)砂糖     大さじ2

作り方

1) 昆布は水250mlに浸けて柔らかくし、細切りにする。

2) 鍋に(1)を水ごとと(A)を加えて弱火で20~30分煮る。水分が足りないようなら少しずつ水を足しながら、柔らかくなるまで煮る。

3) (2)を少し食べてみて柔らかくなっていたら、水を足すのを止め、煮汁から昆布が半分くらい顔を出すくらいまで煮詰める。

4) たらこを加えて煮汁がなくなるまで煮詰める。あら熱か取れたら完成。

いかがですか?

お中元などギフトでいただいただし昆布が、使い切れないまま余っているときにもおすすめです。新米ごはんのお供に、ぜひ、お試しください♪

☆この連載は<火曜日>に更新します。次回もどうぞお楽しみに…!

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

朝食女子のための基本レッスン

朝ごはんメニューを美味しく作る”基本”
Written by

料理家 村山瑛子

(料理家・フードコーディネーター)
新潟県出身。女子栄養大学食文化栄養学科卒業後料理家のアシスタントに就め独立。「料理って簡単!食卓って楽しい!」をモットーに雑誌などのレシピ提供やスタイリング・番組制作などに携わり活躍中。代官山にあるLatelier de SHIORIのビギナーレッスンを担当する。著書に「手抜きでサクッと♡イイ女ごはん」がある。【ホームページ】http://www.murayamaeiko.com  【instagram】 https://www.instagram.com/murayamaeiko/

連載記事一覧

朝ごはんの人気ランキング