ご飯に合いすぎ!素材ひとつの簡単ベンリな作り置き「ピーマン味噌」

おはようございます!

先日のサバ缶レシピはいかがでしたでしょうか?(大人気“サバ缶”で味付け簡単!「さばと豆腐のヘルシー丼」>> https://asajikan.jp/article/149526

いま、大人気のサバ缶を使ったお手軽メニューです。カレー味なのでお子さんも大好きなはず!ぜひ、作ってみてくださいね♪

今日は、旬の「ピーマン」をたっぷり使った「ピーマン味噌」をご紹介します。

ポイントは、ピーマンの切り方と、砂糖を焦がす工程の2つ!この2つだけ守れば、とっても美味しいピーマン味噌ができますよ☆

たくさん作って保存をしておくととっても便利です。

ご飯に合いすぎ!素材ひとつの簡単ベンリな作り置き「ピーマン味噌」

ご飯に合う!夏の便利な作り置き「ピーマン味噌」

材料(作りやすい分量)

  • ピーマン   6個
  • 味噌 大さじ2
  • 砂糖  大さじ2
  • 醤油  小さじ1/2
  • みりん   大さじ1/2
  • 白ごま  小さじ2

作り方

1) ピーマンは種とヘタをとって繊維をたつように5mm幅にきる。

2) フライパンにサラダ油小さじ2を熱してピーマンを炒める。ピーマンがしんなりしたら水大さじ2を加えて蓋をして弱火で5分蒸し焼きにする。木べらでおしてつぶれるくらいやわらかくなったら、一旦取り出す。

※ピーマンは繊維をたつようにして切り、くったりとするまでしっかり炒めます。とろとろの少しペースト気味のピーマンと味噌がとっても美味しいです◎

3) (2)のフライパンに砂糖と水大さじ1/2を入れて中火にかけてカラメル色にする。いい色になったら火をとめ、水大さじ1を加えて色止めをする(やけどに注意)

※砂糖を焦がすことで香ばしさや深みがでます。最後に水を加えるとはねるので、その工程が不安なら、カラメル色になる手前で火をとめてあら熱をとるのでもOKです。

4) ピーマンと調味料を加える。弱火にかけて好みの濃度まで加熱する。仕上げに白ごまを混ぜる。

***

たくさんのピーマンが消費できるレシピです!とっても美味しいので、ピーマンが苦手という方にもチャレンジをしていただきたい一品です。

ぜひ、作ってみてくださいね♪

☆この連載は<火曜日>に更新します。次回もどうぞお楽しみに…!

この記事を書いた人
Nice to meet you!

朝食女子のための基本レッスン

朝ごはんメニューを美味しく作る”基本”
Written by

料理家 村山瑛子

(料理家・フードコーディネーター)
新潟県出身。女子栄養大学食文化栄養学科卒業後料理家のアシスタントに就め独立。「料理って簡単!食卓って楽しい!」をモットーに雑誌などのレシピ提供やスタイリング・番組制作などに携わり活躍中。代官山にあるLatelier de SHIORIのビギナーレッスンを担当する。著書に「手抜きでサクッと♡イイ女ごはん」がある。【ホームページ】http://www.murayamaeiko.com  【instagram】 https://www.instagram.com/murayamaeiko/

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

朝ごはんの人気ランキング