市販の冷凍フルーツで簡単!夏の朝に飲みたい「ビネガードリンク」2種

おはようございます!!

関東甲信地方でも梅雨明けが発表されましたね。今日は、これから始まる本格的な夏の朝にぐびっと飲みたい、「フルーツ味のビネガードリンク」をご紹介します。

暑さのせいで目覚めの悪い朝にぴったりなのが、酸味の効いたさっぱりさわやかなビネガードリンク。お酢には疲労回復効果があるので、夏バテ気味のカラダにもおすすめです。

フルーツを漬けてシロップを作っておき、飲む前に炭酸水などで割るだけ。忙しい朝でも時短で楽しめます。また、シロップは生のフルーツではなく市販の「冷凍フルーツ」を使うので、短い漬け時間で簡単。

瓶ではなくチャックつきの保存袋を使えば、少量でも作りやすく、煮沸いらず!一人暮らしさんにもおすすめですよ♪

市販の冷凍フルーツで簡単!夏の朝に飲みたい「ビネガードリンク」2種

市販の冷凍フルーツで簡単!夏の朝に飲みたい「ビネガードリンク」

材料(作りやすい分量)

(ミックスベリービネガードリンク)

  • ミックスベリー 150g
  • 酢 150ml
  • 砂糖 150g

(マンゴービネガードリンク)

  • 冷凍マンゴー 150g
  • 砂糖 150g
  • 酢 100ml
  • レモン汁 50ml(レモン汁を使わず全量を酢にしてもOK。その場合は酢を150mlにしてください)

お酢は穀物酢はもちろん、酸味がマイルドな米酢やりんご酢でも。

作り方

※作り方は一緒です。

1) 冷凍フルーツはキッチンペーパーで挟んで解凍し、表面の水分を軽く拭き取っておく。

2) 瓶を使う場合は、熱湯で煮沸消毒またはアルコール消毒をし、砂糖の半量→(1)のフルーツ→残りの砂糖の順に入れ、酢(レモン)を注ぐ。

※チャックつき保存袋を使う場合は、煮沸やアルコール消毒なしで使えます(新しいものを使ってください)

3) 日の当たらない涼しいところに置き、砂糖が溶けるまで漬ける。時々瓶をひっくり返したり振ったりして砂糖を溶かす。

※大体3日くらいで溶けます。

4) 砂糖がとけたら冷蔵庫に入れて保存し、飲むときは氷水や炭酸水、牛乳などで、好みの割合で割る。

※かき氷にかけるのもおすすめです。

ポイント

  • できたビネガーシロップは、小分けして冷凍保存すると長く保存できます。
  • もちろん、余って冷凍しておいた自家製冷凍フルーツを使ってもOK。フルーツの水分をしっかり拭き取ってから使ってくださいね。
  • 飲むときにレモンやハーブを入れると風味がぐんとアップします。
  • 漬けたフルーツは一緒につぶして飲んでも、アイスやヨーグルトのトッピングにしても◎

作り方はこれをベースに、いろいろなフルーツで試してみてください(^-^)

☆この連載は<火曜日>に更新します。次回もどうぞお楽しみに…!

この記事を書いた人
Nice to meet you!

朝食女子のための基本レッスン

朝ごはんメニューを美味しく作る”基本”
Written by

料理家 村山瑛子

(料理家・フードコーディネーター)
新潟県出身。女子栄養大学食文化栄養学科卒業後料理家のアシスタントに就め独立。「料理って簡単!食卓って楽しい!」をモットーに雑誌などのレシピ提供やスタイリング・番組制作などに携わり活躍中。代官山にあるLatelier de SHIORIのビギナーレッスンを担当する。著書に「手抜きでサクッと♡イイ女ごはん」がある。【ホームページ】http://www.murayamaeiko.com  【instagram】 https://www.instagram.com/murayamaeiko/

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

朝ごはんの人気ランキング