BLOG

「早起き×手帳」で人生が変わった!?自分と向き合う朝の過ごし方とは

毎週水曜日の朝、会員制朝活コミュニティ「朝渋」メンバーのみなさんに、早起きの魅力やコツをご紹介いただきます♪

おはようございます!渋谷の朝活コミュニティ「朝渋」メンバーのえんじぇる(@sweet_chiho)です。

渋谷の朝活コミュニティ「朝渋」メンバーのえんじぇるさん

私は1児の母で、働きながら子育てをしているワーキングマザーです。私が人生を楽しむには、「仕事」、「子育て」、「自分の時間」の3つが欠かせません。欲張りだなぁとも思うのですが、この欲張りを実現できるのは早起きのおかげです。

もやもやする毎日から成長を感じる毎日へ

早起きができるようになる前は、自分と向き合う時間がとれず、もやもやしていました。

仕事と子育てに追われて、毎日を慌ただしく過ごし、時間ばかりが過ぎていく。「このままで大丈夫?」「1年前と何も変わっていないのでは?」など、漠然とした不安を抱えていました。

そんな時に朝渋を知り、早起きができるように。朝起きて、自分の時間が作れるようになってからは、手帳を開いて、自分と向き合う時間がとれるようになりました。

朝は、今年やりたいこと、習慣にしたいこと、その月にやりたいことや読みたい本などを手帳に書き、計画を立てたり、見直したりする時間に。

えんじぇるさんの手帳

手帳に書くことで自分自身を俯瞰してみることができ、成長を感じられるようになりました。

朝は頭がスッキリしていて、前向きな気持ちになりやすいので、手帳を書くにはもってこい!私と同じように、もやもやを抱えている方には、朝の手帳時間がオススメです。

早起きしてできた時間は「自分」を最優先に!

そんな私が早起きをするために気をつけていることはたったひとつ。いさぎよく早寝することです!

子どもの寝かしつけをしていると、自分も眠くなるので、一緒に寝ることにしています。昔は、「あ、寝落ちしちゃった…」と早く寝たことに後ろめたさを感じていましたが、そこは早寝に切り替えるようにしました。

早く寝ると十分な睡眠時間が取れているので自然と早朝に目が覚めますし、気分も爽快!ちょうどこれからの季節は日の出時間も早くなるので、早起きして太陽を浴びるのが気持ちいいですよ。

そして、早起きしてからの大事なポイント!早起きしてできた時間は「自分」を最優先にすること

ついつい家事や身支度などを前もってやりたくなりますが、グッとこらえて、未来の自分のために、自分の時間として過ごします。私のように自分と向き合うのもよし、読書に使うもよし、やりたいことを楽しむ時間にしてくださいね!

それでは、いってらっしゃい!

朝渋ONLINEのご紹介

朝の楽しみの一つになるかも!?朝渋が、全国どこからでもお楽しみいただけるようになりました。ぜひチェックしてみてください!

早起き×読書サロン「朝渋ONLINE

https://online.asa-shibu.tokyo/

プロフィール

渋谷の朝活コミュニティ「朝渋」メンバーのえんじぇるさん

加藤千穂

ストアーズ・ドット・ジェーピー株式会社でマーケティング/広報を担当。会社とサービスと一緒に働く仲間が好き。あだ名はえんじぇる。趣味は独立系本屋に行くこと、娘とお菓子づくりをすること、NETFLIXでQUEER EYEを見ること。

Twitter:@sweet_chiho
Instagram:sweet_chiho
note:えんじぇる 加藤千穂
Profile photo by:Katsumata Ryo

この記事を書いた人
Nice to meet you!

わたしの早起き体験記 by 朝活コミュニティ「朝渋」

公式ブログ
朝活コミュニティ「朝渋」のメンバーが綴る、早起きを習慣にするためのコツ♪
Written by

朝渋(朝活コミュニティ)

渋谷を中心に朝7:30から活動する朝活コミュニティ「朝渋」。代表は、幼少期から5時起き22時寝を習慣としている「5時こーじ」(井上皓史)。「日本の朝を変える」を理念に掲げ、できるだけ多くの人が自分らしい人生の基盤を作れるように、早起きを習慣化するための活動を行っている。活動内容は、話題書籍の著者を呼ぶ「著者と語る読書会」。また、毎日メンバー同士が就寝・起床時間をオンラインで報告する活動や、メンバーのやりたい!を朝に叶えるために、50を超える部活動を行っている。20191月より全国どこからでも参加できる早起き×読書サロン「朝渋ONLINEを始動。
https://online.asa-shibu.tokyo/

 

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

朝美人スタイルの人気ランキング